気になるキーワードを検索

健康維持の方法

池谷敏郎「ゾンビ体操」高血圧の対策がすごい!効果的なやり方

更新日:

40歳ごろから急激に血管に関する病気が進行すると言われている。血管が詰まると、脳梗塞や脳卒中、そして心筋梗塞などを引き起こす原因になるのだ。

タレントの関根勤さんも心臓の血管75%が詰まっていて、血流がうまく流れない危険な状態だった。現在は治療をして回復しているのだが、自覚症状はまったくなかったという。主な原因は老化だ。

老化による血管の危険性

若い人の血管はいわば、「新品のゴムホース」のようなもの。

柔らかくて弾力がある血管は、壁が薄くて通り道が広いため血液がとてもスムーズに流れる健康的な血管をしている。

しかし、年を重ねると劣化してしまい、壁が厚くなり弾力もなくなるため血液の流れがスムーズに行かなくなるのだ。

若い人でも安心はできない。

血管内部でなんらかの原因により損傷が発生した場合、そこが傷ついたことでカサブタやプラークと呼ばれる脂のコブなどができる可能性がある。

そして、動脈硬化になり危険な病気を引き起こす恐れがあるのだ。とくに40歳を超えた人の血管はそうなりやすいため注意が必要だ。

恐ろしいプラークの恐怖

メモ

・プラークのコブが血液内部で発生

・一部が破れると血管内部で血液を止めようとそこにカサブタなどの固まりができる

・固まりが血管の流れを止めてしまう恐れ、さらに固まりの一部が血管内部に流れだして心臓や脳へ運ばれると、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす

血管若返り方法

血管に優しい生活を送れば、血管を若返らせることが可能だ。血管が若返ると血流もスムーズに流れるため、酸素や栄養分も身体の隅々まで届くことになる。

その結果、健康へ。

メモ

某番組内、血管年齢と改善後

・女優 紫吹淳 47歳
→ 血管年齢 56歳
→ 改善後 28歳

・マネージャー 菅由美子 53歳
→ 血管年齢 63歳
→ 改善後 49歳

・枡田アナ 49歳
→ 血管年齢 35歳
→ 改善後 20歳以下

上記は「ゾンビ体操」で血管年齢が若返ることに成功した例だ。

ゾンビ体操のやり方

血管を若返らせるには、閉じて硬くなっている血管を開かせることが大切。血管若返りメソッドとして、収縮した血管をしなやかに開くための方法がゾンビ体操になる。

メモ

A
背筋を伸ばして、プラ~ンと小刻みに動く

B
1分間続けたら、30秒その場で足踏みをする。3回繰り返す

つま先だけで足踏みをすること。手と肩の力を抜いて身体をねじる。リラックスすることが大事だ。

血管の中に一酸化窒素というガス状の物質が出て、これが全身の血管を開いてくれる働きをする。身体をブラブラと動かすと、一酸化窒素が血液中に出てきて血管を開いてくれるのだ。

池谷式朝ジュースの作り方

血管を若返るメソッドとして、池谷式朝ジュースと呼ばれるものがあります。

材料

・ニンジン(カロテン)
血管の壁の酸化を防ぐ

・りんご(カリウム)
血圧を低下させる

・レモン(ビタミンC)
血管を丈夫にする

・しょうが(ショウガオール)
末梢の血管を開く

作り方レシピ

メモ

A
材料を水と氷と一緒にミキサーに入れて混ぜ合わせます

B
亜麻仁(アマニ)油をかけましょう

体内でEPA(イコサペンタエン酸)に一部が変換される。EPAは血管をしなやかに保ち、血管内皮細胞に取り込まれ、動脈硬化を予防する効果がある。青魚にも豊富に含まれている。

なんちゃって糖質制限

ご飯・麺・パン・イモ・フルーツを唱えながらご飯を食べるとよい。

過剰な糖質は終末糖化産物になり血管を傷つけてしまうことがある。それを抑えるために糖質の量を減らすのだ。唱えながら食べることで危機意識を持つことができる。

まとめ ゾンビの動きで痩せる

この行動で大幅に血管年齢を下げることが可能になる。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.