エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

ヨーグルトダイエットの食べる時間と効果

シェアする

yogurt

ヨーグルトダイエットとは、毎日ヨーグルトを食べることにより整腸作用を促して痩せやすい身体を作るダイエット法になります。ヨーグルトは身体に良いと聞いたことがある人も多いかと思いますが、具体的にどのような成分が身体にいいのでしょうか?

スポンサード リンク

ダイエットとヨーグルトの成分

MP5ヨーグルトって身体にいいって聞くけど、ダイエットにも効果があるパラ?

MPHRK1ヨーグルトの成分には、タンパク質やカルシウムそしてアミノ酸、脂肪を分解してエネルギーに変えるビタミンB2などが豊富に含まれているの。どうような働きがあるのか見て行きましょう。

ヨーグルトは牛乳に乳酸菌を加えた発酵食品で、最大の特徴は善玉菌と呼ばれる乳酸菌があること。

乳酸菌

乳酸菌は人の腸内に住んでおり、糖類を栄養源にして腸に刺激を与え、この刺激が便秘改善に繋がると期待されます。内蔵脂肪は、内蔵が活発に活動することで脂肪燃焼されますが腸も同様です。腸が活発に活動することで身体内部の運動量が増えて効率よく基礎代謝量が向上するので痩せやすい体質に変わります。

食べる時期

食べる時期(時間)は、食前に食べるようにしましょう。食事をする前に食べることにより満腹感を与えることが出来るので食事量も少なくなります。また、便秘改善のためにヨーグルトを食べる場合は、胃酸が弱まっている食後がお勧めです。乳酸菌が胃酸に影響されにくくなり、腸へ運ばれます。

乳酸菌にダイエット効果がある!

MPHRK4ヨーグルトに含まれる乳酸菌によりダイエット効果をもたらすことが可能よ!でも、健康にもダイエットにもいいヨーグルトだけど、カロリーが高い食品になるから食事をその分少なくするなどして調整しましょう。

MP9食べ過ぎては逆効果になる恐れがあるパラ。