白湯ダイエット方法の効果的に飲む時間と作り方

ダイエット
スポンサード リンク

白湯は、美を求める芸能界の間でも流行している飲み物である。その1つの理由に「飲むだけで痩せる効果がある」ことがあげられる。

白湯は水を温めるだけの飲み物だ。にわかには信じがたい言葉なのだが本当に痩せることができるのだろうか?

ちなみに、白湯の読み方は「さゆ」である。「しろゆ」でもなく「しらゆ」でもなく「さゆ」。

ダイエット向き白湯の作り方とやり方

まずは白湯の作り方を見ていこう。っといっても白湯を作ること自体は簡単だ。ここではダイエットに適した白湯を作る。

材料

・水

誰でも簡単に準備ができる材料だ。蛇口をひねればジョロジョロ~と白湯の材料が出てくる。

メモ

作り方

A
やかんに火をかけ沸騰するまで待つ

B
50度ぐらいになるまで10分ほど冷やす

C
コップにそのお湯を入れる

D
5分~10分かけながらゆっくりと飲む

白湯ダイエットを効果的に行うやり方

メモ

・朝昼晩の食事前に白湯を飲む

・間食はすべて白湯にする

・朝起きた時と寝る前に白湯を飲む

ここで「ん?」と違和感を感じた人は優秀だ。目の前にガムが落ちているのを察知して避ける能力に優れている。

一度沸騰した100度のお湯を50度まで冷ますのだ。

水は100℃で沸騰するのだがお茶の温度は70℃付近が最もおいしく飲むことができるといわれている。ダイエット向き白湯ではさらに温度を落とす。50℃だ。沸騰した段階から50℃に下げる理由はいったいどこにあるのだろうか?

新陳代謝が最もよくなる温度だから

身体が活発に動くことでエネルギー消費が増える。エネルギー消費が増えると脂肪が燃焼されやすい。活性化をさせるには新陳代謝をよくする必要があるのだが50℃の温度がベストマッチするのだ。

50度は血液の循環がよくなり、内蔵も温められることで効率よく脂肪を燃焼することができる温度になる。その結果、基礎代謝量も上がるため痩せやすい身体になる。

それだけではない。

なんといってもこのダイエット方法の魅力はお金がかからないこと。厳密いうとコップ1杯分の水道代と電気代あるいはガス代がかかっているのだが細かいことはベランダにでも置いておこう。

金銭面で無理があるダイエット方法では結局続かないことが多い。しかし白湯ダイエット方法では金銭面に無理がなくやり方も手軽なことから継続したダイエットがおこないやすい。

一度沸騰させることでカルキなどの不純物を飛ばすことができる。滑らかな口当たりにしながら純粋な白湯を飲むとよい。

白湯を飲む時間はいつ?

白湯を飲む効果的な時間帯はいつがよいのだろうか?

朝・昼・晩だ。

上記のやり方にも記載したのだが朝昼晩に飲むとよい。昼は準備するのが難しい人もいるかもしれない。魔法瓶で温度を50℃に維持できればよいのだが、無理な場合には朝と晩だけでも飲むようにしよう。

朝の白湯は大切

とくに朝は血液の循環が悪くなっている状態だ。白湯を飲むことで効果的に血行を促進することができる。

「おはよう」

この時点で頭の中を白湯にする。もはや白湯のことしか考えなくてよい。頭の中に浮かぶイメージは「水」と「やかん」のみだ。ただしトイレに行きたい場合にはそっちを優先する。膀胱炎になったら大変だ。治療には激痛を伴う。この世の終わりみたいな叫び声が治療室から聞こえてくることになる。それだけは避けたい。

朝起きたら白湯を飲むのだが、特に寒い冬などは身体が冷えてしまわないように水ではなく白湯を飲むようにするとよい。朝に白湯を飲むことで前日の夜に消化しきれなかった食べた物や油を洗い流すため体外へ排出しやすくなる。

食事の前の白湯は食べ過ぎを防ぐ

食事をする前に白湯を飲むことで食べ過ぎを防止する作用がある。それに加えて血糖値を急上昇させないためにも野菜などの食物繊維から食べるようにするとよい。ポイントはゆっくりとよく噛んで食べることだ。

空腹時の白湯で脳を騙す

空腹時に白湯を飲むことである程度の満腹感を得ることができる。もちろん元は水だ。満足になるような満腹感を得ることは難しい。ただ次の食事までの時間稼ぎにすることができる。

材料は水だ。少し多めに飲んでもカロリーゼロのため太る心配はいらない。また、身体の毒素を流す効果もある。そのことでデトックスの期待もできる。

「白湯をはじめて数日でニキビが消えました~♪」

嬉しい女子の声もあるのだ。白湯を侮ってはいけない。この他にも尿量がアップしたことで余分な水分を排出する効果が高まるため老廃物の排出や便秘改善にもつながる。

人の身体の60~70%は水分で構成されている。人間は二足歩行だ。水分は重力により下に溜まる。人間の身体にある水分も同じように、ほとんどは重力に伴い下半身に集中しやすい。そのため老廃物も下半身に溜まりやすくなる。

新鮮な白湯を摂取することで老廃物を含んだまま血液を新しい水分と交換することが可能だ。血流を良くし老廃物は体外に排出される。良いサイクルが出来上がるのだ。

白湯ダイエットの注意点

万能に見える白湯ダイエット方法なのだが注意をする点もある。

飲み過ぎは逆効果になる恐れがあるのだ。余分な水分が排出できずに身体に溜まると「むくみ」の原因につながる。そして食事前に大量に飲むと胃液まで流してしまう可能性がある。その結果、消化しにくくなってしまう。

1日、2杯~6杯程度を目安にするとよい。

メモ

白湯ダイエットのやり方

A
やかんに火をかけ沸騰するまで待つ

B
50度ぐらいになるまで10分ほど冷やす

C
コップにそのお湯を入れる

D
5分~10分かけながらゆっくりと飲む

まとめ 簡単にダイエットできる白湯

水を飲み過ぎてしまったために水中毒になった男性が死亡したという事件もある。水は人にとって必要なものなのだが、摂り過ぎは我が身を滅ぼす結果を招く。

白湯の飲みすぎには気を付け、一気に飲むことは控えることが大切だ。代謝を維持させる意味でもこまめに飲むことを重要視しよう。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
ダイエット
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり