気になるキーワードを検索

健康維持の方法

白色寝具は睡眠の質を悪くする理由

更新日:

寝る前の色はどんな色をしているだろうか?目をつぶると真っ暗な世界が広がるのだが、その直前に見ていた色が睡眠に大きく影響を与えてしまうのだ。

白色は清潔なイメージになるため、逆によい睡眠が取れそうなのだが、実は逆効果になる。

白色寝具は睡りに悪影響

白色は清潔のイメージがある色だ。眠る前の目をつぶる直前に白を見てしまうと緊張してしまい、眠れなくなる原因になると言われている。白は気を引き締める効果もある。

では、寝る前には何色を見たらよいのだろうか?

熟睡するためなら、リラックスする色の寝具を選ぶとよい。パステルカラーや鎮静作用がある青色はおすすめだ。

また、自然に近い茶色の家具もリラックス効果が出るため質のよい睡眠につなげやすくなる。とくには、副交感神経系を刺激させて興奮を抑えたり、血圧を下げる効果もあるので選択候補の1つに入れておき、白にこだわるのであればクリーム色を選ぶとよい。

電気の色

電気の色は関係ないのだろうか?

眠気は、メラトニンという脳内の松果体から分泌される睡眠ホルモンに関係している。メラトニンの多くは夜に分泌されるため、白熱灯のように温かな光色や、暗い部屋はメラトニンの分泌を促進させることになる。

睡眠に向くのは白熱灯もしくは白熱灯に似た一部のLED照明で、集中力を高めるのは白い光を放つ蛍光灯かLED照明と覚えておくとよい。

一番よいのは真っ暗で寝ること。身体が夜と朝のメリハリをつけて体内時計がしっかりとさせる。

ちなみに、寝る前にスマホやタブレットを使用すると、ブルーライトのスペクトルが出ているため、これが目に入るとメラトニンの分布を抑制して気づけば朝だったなんてことが起こりやすくなる。

就寝前までタブレットやパソコンを長時間使用していると、良質な睡眠の妨げになる恐れがあるので気をつけよう。

まとめ 質のよい睡眠は環境から

病院は寝付きの悪い白を使っている。病院は白色が多い。

その理由は、病院は血液や分泌液、シミなどの汚れをすぐに発見できるようにするためだ。白だとすぐに発見ができる。病院の白色家具には患者の異変にすぐに気づくためという理由がある。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.