エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

天気や気圧でダイエットの痩せ効果が変わる理由とは

シェアする

weather

ジョギングなどをしていると、疲れやすい日や今日は走りやすいと思う日があります。その日の天気によって、ダイエットがしやすい日としにくい日が存在するのです。

スポンサード リンク

天気と湿度を感じ取ると痩せる!?

@MP10今日はなんかジメジメしてる気がするパラ。ダイエットをやる気にならないパラ。

@MPHRK5晴れの日は、太陽の光を受けて身体がすぐに温まりやすくなるわ。そのため脂肪が燃焼しやすく、また湿度も低いため汗をかくと水分が蒸発してエネルギー循環が効率化するの。一方、湿度が高いと代謝が下がってしまうの。

曇の日は体力の消耗が晴れの日よりも少なくなるため継続効果があり、晴れの日はすぐに疲れて走れなくても曇の日は長く走ることができるわ。ただ、ダイエットを効率的に行うには、リフレッシュ効果のある晴れの日が健康的にもいいと言われているの。汗をかく運動は脱水症状にならないように水分をこまめに摂ることが非常に大切よ。

気圧にも気を付ける

@MP1気圧も関係あるパラ?

@MPHRK1高気圧が来ると晴れの日が多く、空気が軽くなるの。高気圧は空気が軽くなるため運動がしやすくなる特徴を持っているわ。一方、低気圧が来ると雨の日が多く、空気が重くなるため身体が重くなる傾向があるの。

そして、身体のむくみを感じたら低気圧が影響しているのかもしれないわ。気圧の変動に合わせて身体を調整する自律神経が血管やリンパ管も調整しているため、血の流れやリンパの流れが悪いとむくみやすくなるの。

毎日の環境を味方につけると痩せる!

@MP9雨の日に頭が痛くなる人は低気圧が原因かもしれないパラ。毎日移り変わる環境を味方につけることでダイエットの成功に繋がりやすくなるパラ。

@MPHRK5雨の日は室内でエクササイズや部屋の掃除などをして運動をするようにしましょう。