エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

水泳ダイエットの効果と失敗しない注意点

シェアする

Water-pressure-swimming

水泳ダイエットは、消費カロリーが陸で歩くよりも非常に高いのが特徴です。水中で水圧に逆らって進むため全身の筋肉を使用します。水圧は1.3トンかかると言われ、血流の流れが良くなり、代謝の向上も期待できます。

プールに入った時に腕を動かすだけで、陸にいる時の重力とは力のかけ具合が異なることを経験したこともあると思います。水中は陸上よりも約10倍の力が必要になるため、この水力により水中で腕を動かすだけでもトレーニングをしていることになります。

スポンサード リンク

水中運動のポイントと浮力ってどうなの?

@MP6水って深く潜るとなんか押し付けられる力があるパラ。幽霊がいるパラ・・・。

@MPHRK6水圧よ。この水圧にはダイエットの効果あるの。

@MP17幽霊じゃなくてよかったパラー!でも痩せるってどういうことパラ?

@MPHRK5ポイントは、「ゆっくりと時間は長く」が基本。水中には水圧の他に「浮力」があるけど、これは物が浮く力のこと。膝や腰を痛めている人は強い味方になる力で、身体を浮かすため膝や腰の負担が軽減されて陸上で運動するときよりも楽になるわ。

泳げる場合は、ゆっくり泳ぐようにして距離を伸ばしていきましょう。泳げない場合は、ゆっくり、動きを大きくして歩くの。10mや15mなど、目標をたてて泳いでみるのもモチベーションを保つことに繋がりやすくなるわ。

痩せにくい泳ぎ方

◎動きが小さい
水泳ダイエットは、水圧と深い関わりがあります。水圧の中動くことで脂肪が消費されますが、動きが小さいとその分、身体にかかる水圧も小さくなるため効果が小さくなってしまいます。動きを大きくするように心がけましょう。

◎泳ぎ方とカロリー
水泳には数多くの泳ぎ方があります。クロール・バラフライ・背泳ぎ・平泳ぎ・・・。例えばクロールで1時間泳いだ場合、体重55kgの女性だと約462kcalの消費となります。平泳ぎだと、1時間泳いだ場合約577kcalの消費量となります。

しっかりと全身の筋肉を使うことがダイエットには大切です。全身を大きく動かして泳ぐ平泳ぎは消費カロリーが大きくなります。また、クロールは激しい動きになりがちです。

激しい動きになると消費カロリーは増えますが、筋肉が付きやすくなります。総合的に見ると女性の場合は平泳ぎをゆっくり時間をかけ行う事が理想的と言えます。

◎やり過ぎ
水泳ダイエットは有酸素運動が基本です。激しい運動の無酸素運動になってしまうと、全体的に筋肉が付きやすくなってしまいます。20分以上かつ、ゆっくり時間をかけるようにしましょう。

水圧と浮力でゆっくりがポイント!

@MP2プールは温水になっている所も多くあるけど、体温よりは低い温度になっているパラ。人間は外気温が高いと熱を排出するために汗をかいて、逆に外気温が低いと体温を維持するために熱エネルギーを発生させるパラ。

@MPHRK4うん!この理由から何もしなくても陸上より水中の方がエネルギーを使うの!陸よりも水の方が痩せやすいわ!

水泳ダイエットの注意点

@MP5水泳ダイエットで気を付けることはないパラ?

@MPHRK2やりすぎないこと。水中で動くにはたくさんの筋肉を使うの。脂肪燃焼よりも筋肉がつきすぎる可能性もあるわ。平泳ぎ・クロール・背泳ぎ、多くの泳ぎ方は肩を使うけど、この動きで肩幅が広くなる可能性も!

@MP7筋肉が余計につかないように「ゆっくりと時間は長く」が基本パラ。

@MPHRK1もう一つ注意することがあって、水泳ダイエットはエネルギーをたくさん使うから、陸で運動する時と同様に、水分をしっかり摂るように心がけましょう。

水の中は水流や水圧があるためこれらが身体にかかることになるので、マッサージ効果も期待できて、血液やリンパの流れが良くなるの。効率のいい水泳ダイエットに励みましょう。