風邪予防の正しい手洗いとうがいのやり方

健康維持の方法
スポンサード リンク

人は死ぬまでに200回の風邪にかかると言われている。なんとか風邪をひく回数を抑えたいと思い、手洗いやうがいを行うのだが、やり方が間違えている場合はほとんど意味がない。

正しい手洗い・うがいの方法とは?

手洗いは、爪の間・指の間・シワの間を洗うことが大切だ。

風邪対策の正しい手洗い

手の隙間にばい菌が溜まりやすいため、手首の周りのシワまで伸ばして、しっかりと洗う。

風邪対策の正しいうがい

風邪対策でうがいをいきなりする行為はダメだ。

いきなり喉を洗ってしまうと、もともと口の中にいたウイルスが喉の奥の方に侵入してしまう。うがいで重要なことは、口の中のウイルスを取ること。

うがいの順番を見ていこう。

メモ

A
ブクブクうがいをして、口の中のウイルスを洗い流す

B
ガラガラうがいをして、喉についたウイルスを洗い流す

C
首を左右に傾ける。傾けることで喉の両端についたウイルスを洗い流す

口の次は喉。喉の次は両端。口の中からウイルスを吐き出す。

まとめ 風邪にうがいは有効

正しいうがいと手洗いで風邪対策をすることが大切だ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり