壁反らしと壁おじぎ体操で腰痛を改善するやり方

スポンサード リンク

約2800万人、日本人の4人に1人は腰痛持ちだと言われています。身体の不調ランキングでは男性の1位、女性の2位を確立しているほどの国民病です。

整形外科医・お茶の水整形外科院長の銅冶英雄先生は、「脊柱管狭窄症が痛みナビ体操で治った!手術を回避!」を執筆し、8万部のベストセラーになっています。

そんな銅冶英雄先生が治ると断言する腰痛の改善法とはいったいどのようなものなのでしょうか?

もやパンダ
もやパンダ

腰痛持ちは大変パラ。二足歩行は腰に負担がかかるパラ。

慢性的な腰痛を改善させるためにゆっくりお風呂に入ると思いますが、実はこの行為をすることで悪化させてしまう恐れがあります。

腰痛の改善のためお風呂に入るのは逆に悪化する

慢性的な腰痛には効果がありません。確かにお風呂で身体を温めると血行がよくなり、一時的に腰痛が和らぐことはあります。しかし、腰痛の根本的な改善にはつながらないのです。

慢性的な腰痛

慢性的な腰痛は、骨と骨の間にある椎間板がありますが、このズレによって引き起こされています。

お風呂に入って血行がよくなっても、このズレが元に戻るわけではないのですぐに腰痛が発症します。

お風呂に浸かっている時は腰が曲がって、猫背になっています。こういう姿勢でいると椎間板のズレが悪化します。つまり、お風呂に入ることで腰痛がどんどん悪くなってしまうということ。

もやパンダ
もやパンダ

パラ・・・。

慢性的な腰痛でも、お風呂に浸かりたい時は

背中を伸ばしてお風呂に入らないといけない・・・。

しかし、大っきなお風呂でしかできないし、水が口に入ります。どうしてもお風呂に浸かりたい場合は、たまに背筋を伸ばしたり、正座をしながらお風呂に入りましょう

慢性的な腰痛持ちでお風呂のは入り方

 

背筋をたまに伸ばす

浮力を利用して正座をする

 

もやパンダ
もやパンダ

浮力を味方につけるパラ。

腰痛の間違った意識を改善する体操

ちなみに、腰痛を改善するために「腹筋や背筋を鍛えなさい」と言われていますが、まったく関係ありません。

筋肉がついても椎間板のズレが戻るわけではないため、腰痛を治す意味では鍛えても治ることはないのです。

その人にあった体操を行えば椎間板のズレが元に戻ります。その体操は大きく分けて2つのタイプがあります。まずは自分がどちらのタイプなのかを見極めましょう。

腰痛を治す改善方法

腰痛タイプ1
身体を後ろに反らすと痛みが楽になる

壁反らし体操のやり方

 

1・・・
肩幅に足を広げて手を壁につく

2・・・
肘を伸ばした状態で腰を壁に突き出す

3・・・
2~3秒保ち元の状態に戻します


(出典:i.ytimg.com)

10回1セット、1日5セット行うと効果的です。

 

腰痛タイプ2
身体を前かがみにすると痛みが楽になる

壁おじぎ体操のやり方

 

1・・・
壁から一歩離れて、骨盤を壁につけます

2・・・
手を腰にあて、おヘソを覗くように上半身を前に曲げましょう

3・・・
2~3秒保ち、元の状態に戻します


(出典:i.ytimg.com)

10回1セット、1日5セット行うと効果的です。

 

まとめ 腰痛は壁と仲良くなって治す

1ヶ月など、月単位で続けていくと、慢性的な腰痛も改善していきます。

もやパンダ
もやパンダ

簡単な体操パラ。