ウォーキングで緑内障を予防する方法と注意点

健康維持の方法
スポンサード リンク

毎朝30分のウォーキングと運動後にたっぷりと水を飲むことで、緑内障のリスクが高いのはどっち?緑内障は失明の恐れもある怖い病気だ。

緑内障は、視野が欠損して症状が悪化すると失明の恐れもある怖い病気になる。

ウォーキングと緑内障の関係

緑内障は、眼球内の血液循環が悪いとドロドロの血液になり、毛細血管も劣化していく。緑内障は眼圧が重要な鍵を握る。

目の中の血流量を増やすことで酸素や栄養分を視神経に行き渡らせれば、神経細胞が活発化して侵攻を食い止めることができる。

栄養分が神経細胞に送る能力が弱まると、視神経の眼圧に対する耐性も弱まると考えられているため、血流を増やすのはとても大切なこと。

毎朝30分のウォーキングを行うとよい

歩いたり、運動をすることで、視神経乳頭の血流がよくなり、眼圧が下がることがわかっている。ある研究によれば、有酸素運動を3ヶ月続けることで眼圧が低下した報告もあるのだ。

眼圧と緑内障の関係に変動する眼圧レベル

日本人の眼圧の平均値は、およそ14.5mmHgだと言われている。正常と判断される眼圧は10mmHgから20mmHgの範囲。これよりも眼圧が高いと緑内障が疑われる。

ただ、眼圧は一日の中でも時刻によって変動する。また、一日の中でどの時間帯に眼圧が高くなるかは、個人差が大きいことも判明している。

さらに、眼圧は四季により変動し、冬季に高く夏季には低くなりやすい傾向があることが分かっているため、一度の眼圧結果ではすぐに緑内障であると判断することは困難だ。

しかし、軽い運動が緑内障に効果的だということは判明しているため、ジョギング・ウォーキング・体操・サイクリング・軽い水泳などを行うとよい。

緑内障にならないために眼圧を下げる

心臓から頭部に送られる血液量は安静時には1分間に1.4リットル。歩くことでその10倍の血液が送られる。

血液循環がよければ、目の神経機能は正常に保たれるのだが、あまりに激し過ぎる運動は反対に眼圧を上げる原因にもなるため注意が必要になる。

緑内障で運動後にたっぷりと水を飲む是非「注意点」

運動後に、一気に大量の水を飲むと眼圧が上がると言われている。緑内障の人は眼圧を上げないように大量の水分補給は控えるようにいわれているほどだ。

目の中はほとんどが水でできているため、運動をして体内の水分が減ると眼圧も下がるのだが、水分を一気に体内に入れるとその反動で眼圧が高くなる特徴がある。

眼圧を下げる水分量

一気に1リットル程度の水分を摂取すると眼圧が上がることもあるのだが、1回につきコップで1~2杯飲む程度なら問題ない。

運動前・運動中・運動後にこまめの適量な水分を飲むようにしよう。

また、コーヒー、紅茶、緑茶などに含まれるカフェインも眼圧を上げるとされているが、日常で飲む範囲内なら問題はない。飲みすぎには注意が必要だ。

一度、弱ってしまった視神経を元に戻すことはできない。しかし、日々の予防、または早期に発見して適切な治療を受ければ病気の進行を食い止めることができる。

緑内障の治療の基本は、その眼にとって高くなってしまった眼圧を適切な程度まで下げることだ。

まとめ 激しい運動後に大量に水を飲むのは注意

あまり深く考え過ぎたら、それがストレスになる場合もあるため神経質になりすぎないように気を付けよう。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり