酢ピーナツの高血圧予防の効能がすごい!作り方レシピ

スポンサード リンク

毎日20粒の酢ピーナツが高血圧予防に効果的だと言われています。具体的にどのような効果があるのでしょうか?また、酢ピーナッツの作り方とは?

もやパンダ
もやパンダ

鬼は外パラ。副は内パラ。豆まきのあとに食べるピーナッツが楽しみパラ。ピーナッツを食べるために豆まきしてるようなものパラ。

ピーナッツは健康にもよいです。高血圧を抑制してくれる働きがあります。また、ピーナッツに酢をコラボすることで、さらに効果的に作用します!見てみましょう。

酢ピーナツには高血圧を下げる効果がある

みんな大好きなピーナツは、おやつやおつまみにピッタリの食べ物です。このピーナツにお酢をプラスすることで、血圧を下げることができます。

高血圧の原因

 

塩分の摂り過ぎ

血管の収縮

 

上記の原因に効果的な栄養素が『カリウム』と『ポリフェノール』です。

カリウムは体内の余分な塩分を外へ出すことが有効で、ポリフェノールは血管の収縮を抑え拡張させます。

お酢と血圧の関係

お酢といえば、高血圧を下げる降圧作用があるとして知られています。

お酢の主成分である酢酸には、血圧の上下に関するホルモンの調節を穏やかにし、血管を膨張させながら抑制する作用があります。

ピーナツと血圧の関係

日本でピーナツといえば、「おやつ」または「おつまみ」を連想しますが、中国では漢方薬として使用された歴史があります。

ピーナツには全身の血行を改善させ、正常に保つ作用があります。つまり、高血圧の改善に有効なのです。

もやパンダ
もやパンダ

お酢とピーナツのコラボレーションパラ。

お酢とピーナツの相乗効果で血圧を下げる

お酢には血液をサラサラにする効果があり、ピーナツには血行の流れを向上させる働きがあります。お酢とピーナツの組み合わせにより相乗効果が期待できます。

また、最大限の効果を得るために、ピーナツについている茶色い薄皮をむかないようにしましょう。

ピーナッツは薄皮のまま酢に漬けますが、その理由は薄皮に含まれるポリフェノールに酢酸と同じような効果があるためです。

もやパンダ
もやパンダ

血圧を下げるパラ。

お酢ピーナッツの作り方レシピ

材料

殻つき落花生_250g

米酢またはリンゴ酢_650㎖

ハチミツ_お好みで

瓶(容器)

 

1・・・
茶色の薄皮をつけたまま落花生の殻をむく
(薄皮つきの素炒りピーナツでも可)2・・・
ガラス瓶にピーナツを入れましょう3・・・
酢を注ぎます
(ピーナツが完全に覆われるように入れます)

4・・・
ハチミツをお好みで加えてもよいです
(ハチミツは身体に良い成分が豊富に含まれていますが、それに加えてお酢の味を緩和するために調整します)


(出典:kenka2.com)

 

ピーナツが浮く場合は、小皿などで落としぶたをする

冷暗所に保管する

ピーナツが膨れたら酢を注ぎ足す

1日たてば食べられます

5日〜1週間置くことで味が落ち着きます

1日に10〜20粒を目安に、1ヵ月以内で食べ切る

 

まとめ お酢ピーナツはいいとこどりの高血圧予防

ピーナッツの油にはオレイン酸も含まれているため、悪玉コレステロールを下げることができます。

オレイン酸を酢につけることで分解されますが、身体の中で吸収されやすいように変化します。高血圧の予防以外にも動脈硬化の予防に期待できる酢ピーナツを試してみましょう。

もやパンダ
もやパンダ

ピーナツとお酢はすごいパラ!お酢のツンとくる刺激をハチミツで緩和するパラ。