気になるキーワードを検索

健康維持の方法

紫外線でシミができる原因と対策方法

更新日:

春から夏に変わる季節、手薄になる5月が最も危ない!今から始める最新シミ対策で将来の自分のためにしておく最新のシミ対策とはどのようなものがあるのだろうか?

人体に大きな影響を与える紫外線。

特に女性はお肌の天敵にもなるので要注意。ただ、紫外線の対策をする前に「紫外線そのもの」を知る必要がある。

女性の天敵、紫外線とは

太陽の光には、目に見える光「可視光線」と、目に見えない「赤外線、紫外線」があるのだが、紫外線はその中で最も波長の短い光になる。

この波長は、UVA、UVB、UVCにわかれていて、実際に地球の地表に届くのはUVAとUVBのみ。

メモ

・UVC
大気層で吸収され、地表には到達しません

・UVB
大気層で吸収されますが、一部は地表に到達します

・UVA
物質を透過しやすく、雲などの影響を受けにくい特性があります

紫外線でシミができる原因とは

肌を老化させるUVAとUVBを見ていこう。

UVAの恐怖

UVAは肌に急激な障害を与える作用は弱い。しかし、太陽から届く紫外線の約9割を占めているため、肌に蓄積されていき結果的に大きなダメージを与えることになる。

これは肌の奥の真皮にまで侵入するため、肌のハリや弾力を失わせて光老化を引き起こす原因になるのだ。女性の天敵だ。

また、すでにできてしまっているメラニン色素を酸化させ、肌を黒くさせる作用もある。

UVBの恐怖

UVBは、太陽から届く紫外線の約1割とされている。

UVAの9割に比べてだいぶ少ないのだが、肌への作用が強いためあなどれない。短時間でも肌が赤くなる日焼け・サンバーンや、数日後に肌が黒くなる色素沈着反応・サンタンを引き起こす作用がある。

美肌を維持したい人にとっては即効性があるため厄介な紫外線になる。

波長が短いUVBは、炎症やしみの原因になるだけでなく、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つけるなど、皮膚癌になる可能性もある。

メラニン色素はメラノサイトから表皮の細胞に受け渡されて紫外線を吸収し、肌を守っているのだが、強い紫外線を浴びるとメラニン色素が過剰に生成され、しみやソバカスの原因になる。

夏と冬の紫外線量

夏と冬で紫外線の強さは変わるのだろうか?

紫外線は夏に強くて、冬は弱まる特性がある。これは紫外線がオゾンなどの大気層を通過する距離と関係があるためだ。

日本の場合は、太陽が最も近づく夏至の頃は、紫外線が大気層を通過する距離が短いため、強い紫外線のまま頭上に降り注ぐ。逆に冬は遠くなるため紫外線の影響が弱まる。

しかし、UVBは夏に比べて冬は約5分の1に低下するのだが、UVAの場合は夏に比べると、冬は2分の1程度とあまり変動量が少ない。冬でも紫外線ケアが必要だ。

5月から始める最新紫外線対策!

紫外線対策を見ていく。

紫外線Q&A

紫外線を浴びると皮膚癌になるって本当?

皮膚癌になる可能性は非常に高い。皮膚の遺伝子にダメージを与え続けていると突然変異を起こしてしまい、癌化してしまうのだ。

また、シミ・ホクロと皮膚癌はまったくの別物。シミやホクロがあるからといって皮膚癌になることはない。

シミやホクロと、癌になっているものが見分けが難しいため勘違いをしている人が多くいる。

メモ

・シミやホクロはほとんど円形で形がいびつで大きくなる場合の成長も遅い

・癌は、月単位で大きさが倍になる、成長が早い特徴があります

くもりの方が紫外線が強い?

間違いだ。快晴を100%とすると、くもりの日は60%の紫外線量になる。ただ、くもりの日にある雲の形によっては快晴の日よりも強くなってしまう可能性がある。

その雲は「すじ雲」や「綿雲」のような場合だ。これは雲の中で紫外線が乱反射することで量が増えてしまうためとされる。

1日で最も多い紫外線量の時間は?

午前10時から午後2時までの日中になる。紫外線対策をしていないと、1日6分以上、真夏は3分以上で肌にダメージが蓄積されてしまう。

日焼けで黒くなる人とならない人で身体によいのはどっち?

身体にいいのは黒くなる人。肌が黒くなることは紫外線から身体を守る力があるためいいことだ。

逆に白いままの人は黒くなる人に比べて3~5倍紫外線から身体を守る力が弱い体質だ。このため、シミやシワ、そして皮膚がんにもなりやすい。

レモンを身体に貼るのは?

まったく意味がない。レモンはビタミンCが含まれているため抗酸化作用があるので摂取するにはいいのだが、身体に貼っても浸透するわけではないため意味がないのだ。

1年前の日焼け止めを使用してもOK?

使ってはいけない。日焼け止めには使用期限がある。開封後は半年、未開封は3年以内と決められている。

紫外線対策

コーヒーでお肌のダメージが回復する?

これは本当だ。紫外線をお肌に感じると活性酸素ができる。これがシミやシワ、たるみの原因につながる。

これらを防ぐためには、抗酸化成分を摂取する必要がある。

コーヒーにはクロロゲン酸が含まれているため、活性酸素を防ぐことができるのだ。飲みすぎると緑内障の進行が進むといわれているため、ブラックコーヒーを1日2杯程度飲むと効果的。

トマトは紫外線対策にいいの?

トマトも紫外線対策にお勧めだ。トマトにはリコピンが豊富に含まれているため、抗酸化作用に期待できる。

1日に通常サイズのトマトを1個食べるようにするとよい。トマトジュースはトマト2個程度が含まれているのでお勧めだ。リコピンの作用は以下にあげられる。

メモ

・シミの元になるメラニンの発生を抑える

・シワ・たるみの原因になる紫外線によるコラーゲンの損傷を防ぐ

・コラーゲンを増やす

日焼け止めの正しい塗り方

・規定量を塗る
顔に塗る場合は、1回に塗る日焼け止めの量を500円玉大にする。スプレータイプは便利なのだが、塗り残しなどのムラができるため注意が必要だ。

・2~3時間おきに塗り直す
一般的に日焼け止めは汗や水に非常に弱いためすぐに落ちてしまう。このため、2~3時間おきに塗りなおすことが大切。ちなみにファンデーションやパウダーにも日焼け止め効果がある。

まいうー体操

メモ


大きく口を開けて「まー」と言いながら10秒キープ


左右に大きく口を引いて「いー」と言いながら10秒キープ


口をすぼめて「うー」と言いながら10秒キープ

※それぞれ5回、朝昼晩3セット行う

SPFとは

シミ・皮膚ガンの原因になる紫外線をカットする目安を意味している。

「SPF50」など、パッケージに数字が書いてあるのだが、これは日焼けをどれだけおくらせるのかを示した数字だ。

数字が高ければ高いほど強くなる。ただ、強いとお肌にも影響があるため目的や使用場所によって強さを変える必要がある。

メモ

・PA+
効果がある

・PA++
かなり効果がある

・PA+++
非常に効果がある

・PA++++
極めて効果がある

紫外線を浴びた後の対策

1週間に2回、42度のお風呂に10分入るようにする。身体の中にヒートショックプロテインが作られ、お肌のダメージを回復しやすくなる。

41度なら15分、40度から20分が目安だ。

そして、成長ホルモンが最も活発になる夜中の2時には熟睡している状態を作るとよい。寝る前に牛乳を飲むと、「トリプトファン」という成長ホルモンが分泌されやすくなる。

まとめ 紫外線対策は将来の自分のため

紫外線対策は将来の自分のためにおこなうものだ。今からしっかり対策しておくことが大切だ。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.