腰痛の予防法と対処法とは

健康維持の方法
スポンサード リンク

腰痛の推定患者数は約2,800万人にも及ぶと言われている。椎間板ヘルニアなどの原因が特定できている腰痛は約15%に対して、原因不明の腰痛は約85%。

原因が特定できないため、そのままの状態で日常生活に支障をきたす人が多い。腰痛の予防と対処法を見ていこう。

腰痛の予防と対処法

日本人の多くが腰痛に悩んでいる。普段何気ない日常生活の負担が蓄積されて慢性的な腰痛につながることがある。

福島県医科大学の白土修先生と亀戸佐藤のり子クリニック院長の佐藤のり子先生が提唱する対策法と改善方法がある。

鍼?整体?マッサージ?どれが一番腰痛に効果がある?
プラシーボ効果という、鍼・整体・マッサージをしてもらった安心感からよくなったと感じる一種の錯覚的効果がある。

一概にどれが良いということではない。まず最初に腰痛になったら整形外科で診察を受ける必要があり、診察をすると原因が特定される可能性がある。

どんな人が腰痛になりやすい?
腰痛のリスクが高くなる行動を起こしている人が多くいる。悪い姿勢を続けると骨盤に負担がかかる。

メモ

注意
・歩きながらスマホを操作
・浅く座って脚を投げ出す
・カバンを毎日同じ手で持つ
・長時間のパソコン
・横になりながら本を読んだりスマホをする
・がに股で歩く

負荷がかかる行動

・掃除機をかける
・台所の調理・洗い物
・洗濯物を干す

腰痛の原因は日常生活にたくさん潜んでいるのだ。

腰痛を防ぐ予防法1

掃除機のかけ方
掃除ロボットや軽い掃除機に替える
前かがみにならない
1部屋ごとにストレッチや休憩をはさむ

台所の調理法
高さ10cm程度の小さい台の上に片足を乗せる

洗濯物を干す
洗濯物はしゃがまなくてすむように台の上に置く
目線の高さで干す

腰に負担のかからないソファーの座り方は?
ソファーに座る時には、腰と背もたれの間に隙間ができる。バスタオルやクッションなどを間に挟むと腰の負担が少なくなる。

ぎっくり腰は温めるのか冷やすのかどっちがいい?
ぎっくり腰の時には温めた方がよい。周りの筋肉が痙攣などを起こすため、それを和らげる意味でも温めた方が良いのだ。

おススメの湿布の貼り方は「天の川カット」で、これは湿布を約2cm幅で折っていき、ハサミで切れ込みを交互にいれる。すると、天の川の短冊作りのように出来上がるので、大きく引き伸ばして貼ることが可能だ。

腰痛を防ぐ予防法2

腰みがき体操のやり方は以下にあげられる。

メモ


浴槽の隅に背中をまっすぐにつける


ひざを左右交互に抱えて、お尻の筋肉をストレッチします。


背中を伸ばしたまま両ひざを抱えて、腰と背中のストレッチ!


熱すぎない温度で10分~15分、10回ほど行います

腰痛予防法3

朝風呂に入るようにする。寝ている間に筋肉や関節が固まってしまうため、お風呂の湯舟に入ることで関節回りや筋肉などを柔らかくすることができる。腰に負担をかけない生活が腰痛を防ぐのだ。

ぎっくり腰の予防法

急な行動を避けること
寝起き
洗顔
物を拾う

筋肉が固まっているところに急に大きな動きを加えると筋肉が対応しきれずにぎっくり腰になってしまため、ゆっくりと動くようにしよう。

どんな体勢で寝るのがベスト?
睡眠は人生の3分の1に相当する。自身の一番リラックスできる寝方がベストだ。

仰向けの場合は、ひざの下に抱き枕を置くとよい。横向きの場合は、ひざの間に抱き枕をはさんで寝るようにする。

まとめ 腰痛の改善はゆっくりとおこなう

腰痛に悩んでいる人は、毎日の行動をもう一度思い返してみよう。鍼やマッサージをしても、すぐに日常生活で腰に負担をかける行動をしていたら治療をした意味がなくなる。

筋肉を驚かせないようにゆっくりと動かす。とくに朝は身体が固まっているので気を付ける。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり