ベジタブルファーストとは?血糖値を抑える野菜の効果

更新日:

食事をする時に昔から「交互に食べなさい」と教えられた人も多いと思います。


食べる時にも順番があるパラ。ごはん→味噌汁→サラダ→飲み物→ごはん交互に食べるパラ。でもダイエットでは考え方が違うみたいパラ。


ある調査によれば、「食べる順番が大切」と考えている女性は86%もいて、さらに「ベジタブルファースト」と言うキーワードを知っている人は76%にのぼるわ。


ベジタブルファーストパラ?

ベジファーストでダイエットとは

ダイエットとしてみると、最も効率のよい食べ方の順番があります。

ベジタブルファースト

ベジタブルファースト(ベジファースト)は、料理を食べる順番を変えることで、血糖値の上昇をコントロールして脂肪が溜まらないように抑制することが出来ます。

この食べ方は、肥満の人や糖尿病患者で応用されています。

「ベジタブルファースト」は、名前の通り野菜を最初に食べることを意味し、野菜を最初に食べることで食物繊維が唾液や胃液で膨張します。

これにより満足感を得ることが出来るのです。満足感を得ることが出来たため食事量も抑えることが可能です。

また、食物繊維は腸で余分な脂質の吸収を抑えてくれます。血糖値の急上昇となる糖質の吸収を緩やかにする働きがあるため太りにくい身体に繋がります。

血中の糖が急激に増加すると細胞が炎症を起こすこともあるため、老化や生活習慣病に繋がる恐れもあります。

野菜を先に食べることで糖の吸収が緩やかになり、シミやシワなどの老化予防にも効果があります。

そして野菜は飲み込めません。口に入れるとどうしても噛むという動作が出てきます。この噛むという動作で脳の満腹中枢を刺激して過剰な摂取を抑制することが可能です。

もやパンダ
野菜はすごいパラ。最初に食べるパラ。

まとめ 野菜を先に食べると太らないダイエット方法


100g程度の野菜をしっかりと時間をかけて食べると太りにくい効果があるダイエット法
パラ。食べる順番を変えるだけの簡単ダイエットを試してみるパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。 これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1つに「血液型」 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? スーパー ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか? 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。 痩せるために重要な脂肪だけど、そもそもダイエットを行う上で脂肪自体を知 ...

-痩せる食べ物

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.