血管年齢を下げて若くするストレッチ方法のやり方

健康維持の方法
スポンサード リンク

同世代でも、血管年齢が若い人とそうではない人がいる。この違いの差とは?血管年齢とは血管の硬さを年齢に換算したものだ。

血管年齢の違いの差

実年齢よりも硬くなっていると、血管の老化が進行していることになる。そして、血管年齢に差が生まれるのは、身体が硬いか柔らかいかの違い

身体が柔らかい人は血管年齢が若く、硬い人は血管年齢が老化していることが判明している。

では、なぜ身体の硬さと血管年齢が関係しているのだろうか?

血管が硬くなっていると、筋肉が硬くなっていることを意味する。結果として身体も硬くなるのだ。血管の硬さと身体の硬さはつながっている。

血管を若返らせる方法

では、老化した血管を若返らせることはできないのだろうか?

出来る。ストレッチをしたらよいのだ。ストレッチをすると血管の中から血管を柔らかくする物質が出てくる。

血管年齢を若返らせるストレッチ法

1つ目

メモ

A
足を伸ばして座る

B
片方の足をお尻の方へもっていく

C
身体を少し後ろに倒す

D
ゆっくりと呼吸をしながら30秒間キープ!

E
反対側も同じように行う

2つ目

メモ

A
片方のひざを曲げ、足を交差にする

B
ひざをひじで押さえ、上体をひねる

C
ゆっくり呼吸をしながら30秒間キープ!

D
反対側も同じように行う

1つ目・2つ目共に、左右1回ずつを1セット、1日3回行う。

まとめ 血管年齢は身体を柔らかくすることからはじめる

ストレッチで身体が柔らかくなる。そして血管も柔らかくなる。その先に健康が待っているのだ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり