トリガーポイントとは?「肩」・「腰」・「膝」の痛い場所と療法

スポンサード リンク

普段過ごす生活の中で突然謎の痛みに見舞われることがあります。その痛みの部分をマッサージしてもなかなか痛みが治らない。そのような時は、別の場所に痛みが隠れているかもしれません。

もやパンダ
もやパンダ

筋肉の痛い場所を治療しても全然治らないことがあるらしいパラ。どうすることもできないパラ?

病気にもよりますが、ひょっとしたらトリガーポイントが原因かもしれません。これは、ケネディ元大統領の主治医であるトラベル博士が生み出した、痛みを見極める箇所。膨大な臨床データを元にしたものです。

トリガーポイントとは?治療法・療法

トリガーポイントとは、普段は痛みがないけど押してみると痛みが広がってしまう場所を指しています。

例えば、肩が痛いのに痛みの原因が腰にあると、いくら肩を治療しても痛みが取れることはありません。腰が痛い場合でも同じことです。

トリガーポイントは筋肉と関係性があります。筋肉が硬くなると痛みが出てくることになるのです。その痛みは脳から発信されているため、脳がしっかりと本当の痛みの場所を特定することが重要です。

治療法は、髪の毛ほどの細い鍼を使用し、筋肉の奥の深い所にあるトリガーポイントを直接刺激する筋肉内刺激法『IMS』という治療法があります。

もやパンダ
もやパンダ

本当の痛みの場所を知ることが重要パラ。

トリガーポイント発生原因

 

長時間にわたり同じ姿勢でいる

高負荷をかけてスポーツや仕事をする

クセなど同じ動作を繰り返す反復動作

血流が悪くなる血行不良

 

もやパンダ
もやパンダ

同じ動きをしていると痛みがたまるパラ・・・。

トリガーポイント確認方法

本当の痛みを探すために、トリガーポイントを確認する必要があります。次にあげられる場所を押してみましょう。

 

肩コリ
肩の骨と胸の間のくぼみを押してみる

腰痛
腰から指3~4本分上にある背骨の脇を押してみる

ひざ痛
脚の付け根の内側と外側を押してみる。その他、膝から指3~4本分上の内側と外側を押したり、膝から手の平一つ分下の外側を押す

 

まとめ 痛い場所は隠れている!トリガーポイントで探す

本当の痛みの場所は隠れていることがあります。その痛みのポイントを探しださない限り、痛みは消えることがありません。

もやパンダ
もやパンダ

治らない痛みは脳が勘違いしている可能性があるパラ。本当は別の場所に隠れているかもしれないパラ。