気になるキーワードを検索

健康維持の方法

トリガーポイントとは?肩・腰・膝の痛い場所と療法

更新日:

普段過ごす生活の中で突然「謎の痛み」に見舞われることがある。その痛みの部分をマッサージしてもなかなか痛みが治らない。

なぜ?

そのような時は、別の場所に痛みが隠れている可能性がある。ひょっとしたら「トリガーポイント」が原因かもしれないのだ。

トリガーポイントとは、ケネディ元大統領の主治医であるトラベル博士が生み出した「痛みを見極める本当の箇所」である。膨大な臨床データを元に生み出された。

トリガーポイントとは?治療法・療法

痛い!マッサージをしよう・・・

しかし、マッサージをしているにも関わらず改善されない痛みもある。幽霊か?ドラえもんのひみつ道具でのび太が悪さをしているのか?

いや、そもそも本当の痛み箇所をマッサージせずに、痛くない場所をマッサージしている可能性がある。

トリガーポイントとは、普段は痛みがないけど押してみると痛みが広がってしまう場所を指す。どういうことなのか?

例えば、肩が痛いのに痛みの原因が腰にあると、いくら肩を治療しても痛みが取れることはない。腰が痛い場合でも同じこと。

パズルをしているときにある部分のピースが1個見つからない。どこにやってしまったのか?捨てたのか?多くの人が目の前にある大量のピースの中を探すはずだ。

しかし、いきなりテレビの裏や冷蔵庫の下を探しても見つかるはずはない。猫や犬がくわえて隠さない限り。何が言いたいのかというと、的をしっかりと絞ってから探すことが大切だということ。

では、なぜ別の場所が痛いのに他の場所をマッサージしてしまうことが起こるのか?その理由は「筋肉」が関係している。

トリガーポイントは筋肉と関係性があるのだ。筋肉が硬くなると痛みが出てくることになるのだが、その痛みは脳から発信されている。つまり、脳がしっかりと本当の痛みの場所を特定することが重要なのだ。

筋肉はつながっていること、そして脳の勘違いから起きる誤作動の痛みから引き起こされる。

治療法は、髪の毛ほどの細い鍼を使用し、筋肉の奥の深い所にあるトリガーポイントを直接刺激する筋肉内刺激法「IMS」と呼ばれる治療法が一般的だ。

トリガーポイント発生原因

では、なぜトリガーポイントが引き起こされるのだろうか?主な原因があげられる。

メモ

・長時間にわたり同じ姿勢でいる

・高負荷をかけてスポーツや仕事をする

・クセなど同じ動作を繰り返す反復動作

・血流が悪くなる血行不良

ほとんどの人が該当するのではないだろうか?筋肉に不要な負担をかけることで起きやすい。

トリガーポイント確認方法

本当の痛みを探すために、トリガーポイントを確認する必要がある。簡易的なやり方があるので試してみることができる。次にあげられる場所を押すとよい。

メモ

・肩コリ
肩の骨と胸の間のくぼみを押してみる

・腰痛
腰から指3~4本分上にある背骨の脇を押してみる

・ひざ痛
脚の付け根の内側と外側を押してみる。その他、膝から指3~4本分上の内側と外側を押したり、膝から手の平一つ分下の外側を押す

まとめ 痛い場所は隠れている!トリガーポイントで探す

本当の痛みの場所は隠れていることがある。その痛みのポイントを探しださない限り、痛みは消えることがない。

治らない痛みは脳が勘違いしている可能性がある。本当の痛みは別の場所に隠れているのだ。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.