トマトの色で栄養素の違いと特徴

スポンサード リンク

トマトと言われて思い浮かぶ色は「赤」。でも、黄色やオレンジなどのトマトもあります。実は、トマトの色で健康になれる栄養素が異なるのです。

もやパンダ
もやパンダ

トマトは甘くておいしいパラ!赤くてきれいパラ。

トマトの色は赤色だけではありません。他にもたくさんの色をしたトマトがあります。また、味や栄養素が違います。健康になるためにトマトの色と含まれる栄養を見ていきましょう。

トマトが赤色の理由

トマトで思いつく色は赤色。

「絵に書いて」と言われるとほとんどの人が赤色のトマトを描くと思います。実はトマトには赤色以外にも色が存在しますが、そもそもトマトはなぜ赤くなるのでしょうか?

その理由は、進化にあると言われています。

トマトは手軽に家庭菜園などでも育成できるため育てたことがある人なら想像しやすいですが、トマトの実の最初は緑色をしています。実の中にある葉緑素の作用が影響しているためです。

葉緑素は太陽の光で光合成をします。

この光合成によりトマトは成長に必要な栄養素を作り出すことができるのです。順調にトマトの実が育つと、葉緑素は壊れていきます。

この崩壊により緑色が消え、代わりにカロテノイドという赤色の元になる成分が生成。トマトが赤くなるのは、カロテノイドの一種であるリコピンの作用によるものです。赤くなったトマト。

では、なぜ赤色になる必要があるのでしょうか?

それはその場から動けない植物だから。赤色は遠くからでも目立つ色をしています。トマトは誰に探してもらいたいのでしょうか?それは鳥や動物たち。

植物が生息地を拡大させるには、動物などを使う必要があります。

より多くの子孫を繁栄させるために、鳥や動物にトマトの実を食べてもらい、鳥や動物は熟した赤い実を見つけて食べると、トマトの生息地以外の別の場所でフンをします。

このフンと一緒にトマトのタネが出されて、新たな場所に芽を出すことができるのです。これは進化の過程で植物が絶滅しないように考えた知恵でもあります。

もやパンダ
もやパンダ

植物はすごいパラ。

トマトの色と栄養素の関係

トマトは世界中で愛されている食材です。

多くの品種改良がされてきました。現在では赤以外にも、様々な色が誕生しています。

トマトは世界で8,000種を超える品種があるとされていますが、その中、日本では120種以上のトマトが品種登録されています。

トマトの色は微妙に色が違うものの、大きく分けることができます。『赤色・ピンク色・黄色・黒色』です。ちなみに、緑色は未完熟の色ですが、品種改良により緑色のトマトも完熟した品種で登録されています。

赤いトマトの栄養素と特徴

赤いトマトは老化防止に最適!

赤いトマトは甘味があり食べやすい一般的なトマトで、リコピンを豊富に含んでいるため美容効果も抜群です。赤い色素はリコピンによるもの。

抗酸化物質であるリコピンは老化防止に効果があり、トマトジュースにすることで飲みやすくなります。

カロテノイドの中でもリコピンの抗酸化作用は強く、ビタミンEの100倍以上にのぼります。

人の身体も酸化して錆がつき、それが老化や病気を引き起こす原因になりますが、リコピンの抗酸化作用により生活習慣病や癌予防、老化予防に繋げることが可能です。

黄色いトマトの栄養素と特徴


(出典:shop.takii.co.jp)

黄色いトマトは毛細血管を強化!

黄色やオレンジ色のトマトの栄養成分はシス型リコピンになります。赤いトマトのリコピンよりも身体に吸収されやすい成分で、美容効果は赤色のトマトよりも強いと言われています。

また、黄色のトマトにはβ-カロテンが豊富に含まれ、強い抗酸化作用の他にも皮膚や粘膜を保護する免疫力アップの役目もあります。

緑色のトマトの栄養素と特徴


(出典:ashita-seikatsu.jp)

緑色のトマトは未熟状態。

しかし、緑色で完熟のトマトも品種改良で作られました。緑色のトマトはさわやかな甘みとほのかな酸味が特徴です。

緑色のトマトにはリコピンが含まれていません。ただ、緑色のトマトには赤いトマトにはない栄養素のトマチジンが含まれています。これは動脈硬化の予防や血中コレステロールを下げる働きがある栄養素です。

また、脂肪を減らす効果や、筋肉を増やす・筋肉の萎縮を抑える効果があるため、ダイエットにも期待ができます。

黒いトマトの栄養素と特徴


(出典:grapee.jp)

黒いトマトはデトックス効果!

黒いトマトは酸味が少ない特徴があります。アントシアニンが多く含まれていますが、アントシアニンはブルーベリーなどにも含まれるポリフェノールの一種。目の健康に効果が期待できます。

また、リコピンも含まれており、アントシアニンとの2つの強い抗酸化作用により、黒いトマトは栄養価の高いスーパーフードとしても知られています。

まとめ トマトの色で栄養素も違う

もやパンダ
もやパンダ

トマトの色で健康効果が変わるパラ。