薄毛でも似合う髪型とポイント!

スポンサード リンク

「薄毛だと髪型が決まらない!」髪の毛の量が少ないと好きなようにヘアスタイルがやりづらくなるため悩んでいる人は多くいます。薄毛をうまくカバーしながら、薄毛でも似合う髪型はあるのでしょうか?

もやパンダ
もやパンダ

髪の量が少ないと髪型ひとつ考えるのも大変パラ。何かいい髪型はないパラ?

薄毛をうまくカバーしながらイケテル髪型。白人の人たちを見ていると髪が薄くてもかっこよく見える人は多いですが、薄毛持ちの日本人でも似合う髪型はあります。見ていきましょう。

薄毛でも似合う、かっこいい髪型

「薄毛でも似合う髪型にしたい」、「薄毛を髪型でなんとか隠したい」、髪の量が少なくなると誰しも思うことです。

薄毛になる原因は人それぞれありますが、人の前にでるいじょうなんとか目立たなくしたいところ。

薄毛を強調させずに自然体でイケてる髪型にすることができます。目立たないようにするポイントを見ていきましょう。

無理に薄毛を隠さない

多くの人が薄毛を隠したいときにどのようにするのかというと、他の場所にある余っている髪の毛を足りない薄毛部分の場所に集めようとします。

しかし、無理に髪の毛を集めたことにより“違和感MAX!”となる可能性があります。

隠そうとしているはずが、逆にその場所は髪が薄いのだと周囲にわかりやすくしてしまう髪型になっている恐れがあるのです。薄毛を目立たなくする髪型が重要であり、無理に隠すのは控えたほうがよいでしょう。


(出典:img.cinematoday.jp)

髪を短くしてカモフラージュ!

では、どのようにして薄毛を目立たなくできるのでしょうか?様々な方法がありますが、1つは短髪があげられます。

髪の量が少なくなると髪を伸ばすことで補えると思いがちですが、長い髪の毛は束になることが多く、その髪の毛の間から地肌が“こんにちわ”しやすくなります。

その結果、薄毛やハゲが強調されます。短髪にすることで全体的に地肌が見えるようになるため、逆に薄毛の部分が強調されなくなります。


(出典:nekomarimo.com)

ヘアスタイルに強弱をつける

薄毛の進行具合にもよりますが、ヘアスタイルに強弱をつけることでも薄毛をカバーすることができます。

例えば、頭のてっぺんが薄毛になっていた場合には、サイドの髪の毛を短くします。このようにすることで頭のてっぺん付近にある髪の毛の量は減っていないと“見せかける”ことが可能です。


(出典:contents.oricon.co.jp)

前髪を立てる!

あえておでこを出すことで薄毛を目立たなくする方法です。

前髪を中途半端におろすことで薄毛が目立つ場合には、前髪を立ち上げてみましょう。前髪を上げることで爽やかさと清潔感がうまれます。

また、前髪が上がることでボリューム感を出すことが可能です。ワックスを使用すると時間と共に髪が下がってきてしまうため、スプレーで固めるとよいでしょう。


(出典:sportiva.shueisha.co.jp)

無造作ヘアーにする

一方向に髪の毛を動かすことが薄毛を強調させる原因になっている場合、思いっきって無造作ヘアーを試してみるのもあり。

ワックスを手の平で伸ばしたあとに、髪の表面になでらせて、指で動きをつけていきます。無造作ヘアーの髪の毛が薄毛部分を目立たせなくします。

もやパンダ
もやパンダ

自分のスタイルに合わせるパラ。かっこよくきめるパラ。

注意したい薄毛の髪型

薄毛が強調されやすい危険な髪型があります。

前髪の生え際が後退して、M字状になっている人は前髪を垂らすヘアスタイルには気を付けましょう。セット時は満足のいく仕上がりかもしれませんが、汗や湿気などによりすぐに前髪が割れる恐れがあります。

スダレのようになってしまった前髪の隙間から広いおでこが見えることで薄毛の印象を強く与えてしまいます。

どうしても前髪を下すヘアスタイルにしたい場合は、前髪に厚みを持たせることができる場合に限りましょう。

厚みのある前髪なら、汗や湿気により髪が束になっても地肌が見えないため安心です。

また、上記にもあるようにサイドの髪の毛を増やしすぎないことが大切です。髪型はバランスが大事で、トップの髪量が多く見えると十分な髪の毛があるように見えます。

サイドの髪のボリュームが多いとトップがつぶれて見えてしまい、髪の量が少ないように見えてしまうのです。

サイドを短くするかスタイリング剤でボリュームをおさえましょう。スタイリング剤やワックス等は付けすぎないように気を付けてください。

 

薄毛対策の髪型ポイント

薄毛は隠さない!

薄毛男性は短髪が基本!

サイドは控えめに!

 

まとめ 薄毛は隠すものではなく目立たなくさせるもの

長髪は育毛面でも難点があります。髪の毛が長いと頭皮や毛根に負担がかかったり、頭が蒸れやすくなるから抜け毛につながりやすくなるのです。

薄毛に悩んでいる人こそ、短髪の髪型が最適。変に薄毛を隠すことが逆に不自然に見えてしまいます。

もやパンダ
もやパンダ

髪を伸ばせば薄毛は隠れると思っていたパラ。逆効果パラ。長髪にすることで余計に薄毛が目立ってしまうパラ。