薄毛治療は効果なし?結果が出ない理由とは

スポンサード リンク

「AGA治療は効果ない」という話を聞いたことがある人もいると思います。薄毛対策のために多額の資金を投資したのに、結果がでない話を聞くと不安になる人も多いでしょう。本当に効果がないのでしょうか?

もやパンダ
もやパンダ

AGAで悩んでいる人は多いパラ。治療は効果がない話を聞くパラ?本当パラ?

AGAの治療は効果がある?それともない?治療の効果がないと思い込む理由を見ていきましょう。

症状に見合う治療をする

薄毛はデリケートな問題です。若ければ若いほど周囲の人に相談をするのも恥ずかしくてできないことが多いです。病院にもいくことができません。

なにより、「治療してもお金がかかるばかりで、満足のいく効果はない」とあきらめてしまう人もいます。

しかし、AGAが原因の薄毛は「症状に合う治療」をおこなえば効果が見込める治療法です。

AGAが発症すると、治療を行わない限り悪化の一途を辿ります。「あの時に治療をしておけばよかった」と後悔しやすいのもAGAの負の遺産です。

ストレスなどが原因の薄毛はそのときに改善策をすることで薄毛は回復しますが、AGAは厄介です。後悔しないためにも、早期に治療を視野に入れることが肝心です。

もやパンダ
もやパンダ

AGAは早期治療が大切パラ。

専門科以外の受診で失敗

AGAには、「投薬治療」・「メソセラピー療法」などの治療法があります。AGA治療を専門に扱っているクリニックでは、本人の希望や症状に合わせて治療方針を提案し、髪の悩みを解決するために一緒になって治療を行います。

しかし、皮膚科のAGA治療は、薄毛治療が専門ではない医師が投薬療法をおこなう場所も多く、AGAの専門クリニックと比べると、治療方法が限定的になります。

治療法が合っていない場合には、望むような結果にならないため、効果が出ないとあきらめてしまう人も多くいるのが実情です。

もやパンダ
もやパンダ

専門クリニックのほうが安心パラ。

治療を途中で辞めてしまう

AGA治療を開始したのはよいものの、思っているような効果が出ないので、治療を止めてしまう場合があります。

途中で治療を辞めてしまったためにAGAの症状が進行する恐れがあります。AGAの治療に使われる「プロペシア内服薬」や発毛剤の「ミノキシジル外用薬」などは即効性がある薬ではありません。

AGA治療では、結果が表れるまで最短でも3ヵ月から半年はかかります。その時間には個人差がありますが、満足のいく仕上がりになるには1年以上かかるということもあります。

日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」では、日本人男性414人を対象にした研究結果があります。

AGAの有効成分「フィナステリド」1mgと、0.2mgを使用し、48週間の観察をおこないました。その結果、1日1mgの服用で58%、0.2mgでは54%のほうに改善効果が見られたのです。

さらに、1日1mg服用を2年、3年と続けた結果、改善効果はそれぞれ68%、78%へ向上。

また、一般用医薬品を、長期間使用したデータによると、ミノキシジル5%配合の「リアップX5」(大正製薬)製品を使い始めてから8週間後までの効果は全体の1割前後。しかし、12週間後には59.2%、16週間後には81.2%にまで増加しています。

つまり、発毛や育毛には時間がかかるということ。髪の毛の1本1本には寿命があります。寿命がつきた髪の毛は自然に抜けて、その後に新しい髪の毛が生えてきます。そのヘアーサイクルを改善するには時間が必要です。

治療を始めて日が変わる度に目に見える効果を得ることはないので、すぐ効果を感じられなくても、最低1年間は継続して様子を見たほうがよいでしょう。

もやパンダ
もやパンダ

効果には時間がかかるパラ。

初期脱毛で辞めてしまう

発毛成分の「ミノキシジル」を使用した場合は、初期の段階で脱毛症状が起きる場合があります。「初期脱毛」と呼ばれるものですが、副作用ではありません。

発毛治療なのに、脱毛してしまったと勘違いすることで治療を辞めてしまうケースもあります。初期脱毛が気になる場合には専門クリニックで医師の診断を受けると安心です。

もやパンダ
もやパンダ

トラブルがあったら病院にいくパラ。

自己診断で治療をしてしまう

AGA治療薬に使われているのは、フィナステリド成分やミノキシジル成分で、医学的にも効果が立証されているものになります。

「この薄毛にはこの薬が効果的!」だとして、市販されている育毛剤を自己判断で使用すると、その効果は出ない場合があります。

市販の育毛剤の多くは、天然成分が多く含まれて髪には優しいのですが、AGAの症状には効果がありません。

例えば、円形脱毛症は部分的に頭髪が抜けてしまう病気です。発症のメカニズムは解明されていないものの、ストレスなどが原因でアレルギー反応のように、免疫システムが毛根を攻撃してしまい、萎縮させてしまうことで起こるといわれています。

AGAとはまったく別の症状です。治療法が違います。頭皮に合わないものを使い続けると、頭皮環境が悪化してしまい抜け毛が増える原因になる可能性が考えられます。

まとめ 自分に合う治療法じゃないと効果は薄い

AGAの進行度や個人差によって薄毛治療の効果は異なります。すぐに効果が出る人もいれば、効果が出るまで長い時間がかかる人もいます。

薄毛の原因がストレスなどならそれらを解決することで薄毛の進行は止まります。しかし、AGAの場合は治療を行うことが必要です。

薄毛治療に効果がないと言われるのは、自分に合う治療法を試していない可能性があります。まずは専門クリニックでの診断を受けることが薄毛治療の最初の治療になります。

もやパンダ
もやパンダ

ドラッグストアの薬剤師さんや、AGAクリニックの先生に相談するパラ!効果がある発毛治療はそこからはじまるパラ。