気になるキーワードを検索

薄毛

薄毛のパーマでダメージを抑えるために注意すること

更新日:

「薄毛だけどおしゃれなパーマがしたい!」と思っている人は少なくない。薄毛の人がパーマをするときに気をつけることはあるのだろうか?

パーマはおしゃれ髪にすることができる。薄毛の人でもパーマはもちろんできるのだが、気をつけないといけないこともある。

パーマで薄毛になるのは本当?

パーマをかけることで髪の毛にボリュームを持たせ、薄毛の部分をカバーすることができる。ポイントは、とくに気になる薄毛部分にボリュームを持たせること。

パーマをかけると薄毛・ハゲになると昔から言われている。本当なのだろうか?AGAの薄毛はホルモンバランスが原因になるため、パーマで薄毛が進行することはないのだが、パーマをすることでまったく髪にダメージがないとは言えない。

パーマによる髪のダメージ

風邪をひいた人が、汗で濡れた服を着たままでいると、風邪は悪化する。これと同じように、薄毛の人は頭皮や毛根が弱っている状態だ。そこにパーマをかけることでさらにダメージを与えることにつながる。

パーマをかけることでボリューム感がでるため、薄毛を目立たなくすることができるのだが、パーマをするにあたりその前後のケアが大切だ。

パーマをかけるときに使う薬剤には1液と2液がある。1液はアルカリ性で、髪の毛のアミノ酸の結合を切断する。2液は酸性で髪の毛にウェーブなどをかけて希望の形にして固定する。

皮膚は弱酸性のため、特にアルカリ性の1液の刺激は頭皮にとって大きな負担になる。パーマ液をあてると「ピリピリ」頭皮が痛くなる経験をした人もいるとおもうのだが、これは弱酸性の頭皮にアルカリ性が強く反応しているためだ。

また、パーマをかけるときには髪の毛を引っ張ることもある。そして熱を加える場合もあり、髪の毛・毛根には相当のダメージがきていると想像できる。髪に少なからず負担を与えているのでそれなりの影響はあるのだ。

パーマの種類

薬剤は、髪の毛を整える「コールドパーマ」と、熱を使う「デジタルパーマ」がある。

メモ

パーマの種類

・縮毛矯正・ストレートパーマ
クセのある髪の毛を真っ直ぐにする

・ポイントパーマ
髪の毛の一部分にパーマをかける

デジタルパーマは効果が高くあらわれる。コールドパーマに比べてウェーブがはっきり出るため、メリハリがよく長持ちする。

しかし、デジタルパーマはコールドパーマよりも薬剤力が強く熱も加わるので、頭皮や毛髪への負担は大きくなる特徴がある。クセの強い人向きだ。

縮毛矯正とストレートパーマは同じような意味をもつのだが、縮毛矯正の方が効果が強い。ストレートパーマは部分的にかけることもできるため、目指したい髪型で使い分けるとよい。ポイントパーマも同じだ。

ただ、基本的に、薄毛が気になる人はパーマをかけないほうがよいのだ。しかし、どうしてもパーマをかけたい時期もある。その場合には、髪の毛全体ではなく部分的にかけるポイントパーマがおすすめ

また、頭皮や毛髪のことを考えて、コールドパーマを利用すると負担を抑えることができる。

セルフパーマはトラブルのもと

市販されているパーマ液を使うなど、セルフパーマではそのダメージがより大きくなる恐れがある。パーマ液が身体に合わないことも考えられるため、頭皮トラブルが起こるもとにもつながる。

炎症などが起きると抜け毛の原因にも・・・。

髪の毛や頭皮の状態が気になる人は、プロにパーマをしてもらうことをおすすめする。頭皮へのダメージも小さく抑えられる。

技術のいる髪型になるため、美容師さんに薄毛をカバーしたいことを相談しながら髪型を決めるようにするとよい。

パーマの後のケアをする

パーマをあてることで髪の毛と頭皮がある程度のダメージを受ける。しかし、その後のケアでダメージを最小限に抑えることができる。

シャンプーは翌日から

パーマの直後は髪の毛や頭皮が弱っている状態だ。その直後にシャンプーを行うと余計にダメージが増えてしまう。

翌日からおこない、パーマ直後のシャンプーは避けるようにしよう。

また、シャンプーにもいくつかの種類がある。頭皮や髪の毛へのダメージを抑えるシャンプーはアミノ酸系のシャンプー

洗浄力は強くないのだが、頭皮や髪の毛に優しい成分が配合され、適切な油分と保水を残す。シャンプー前にブラッシングをおこない、汚れなどを取り除いておくとよい。

ドライヤーの当て方

ドライヤーを髪の毛や頭皮に近づけながら使用すると、髪は火傷状態になり痛む。適度な距離を保ちながら、一か所に集中しないようにまんべんなくあてるようにするのがポイントだ。

まとめ 薄毛のパーマはできるだけポイントパーマがよい

パーマをかけるには薬剤が使用されている。この薬剤により頭皮や毛根に強烈な刺激を与えてしまうことで薄毛につながる恐れがある。その薬が身体に合わないときには大きな負担になるのだ。

できるだけ今ある髪を大切にするためにもパーマは控えたほうがよいかもしれない。するなら最小限の負担ですむようにポイントでパーマをしたほうがよい。ポイントパーマでおしゃれな髪型にできる。

スポンサード リンク

-薄毛

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.