20代からはじめる薄毛対策と改善方法

スポンサード リンク

人は年を重ねる度に老化をしていきますが、髪の量も比例するように少なくなっていきます。髪の毛が薄くなったと感じる年齢は人それぞれですが、20代から髪の毛に悩みを持つ人も少なくありません。

もやパンダ
もやパンダ

周囲の人と比べて髪の毛が少ないと落ち込んでる人が多いみたいパラ。とくに20代から増えているみたいパラ。なにかいい方法はないパラ?

20代に突入した頃に気になり始めたその薄毛。では、薄毛対策に何をしますか?効果のない対策だと、時間やお金が無駄になる可能性があります。

高い育毛剤を購入して使い続けたのに全く効果がでなかった人もいるのです。20代はお金に余裕もないので本当に辛い・・・。

かといって、周囲にデリケートなことを相談できる人も見当たらない・・・。20代から感じ始める薄毛対策はどのように対処したらよいのでしょうか?見ていきましょう。

20代から始める薄毛対策で最初に知るべきこと

現在、日本の男性で20代で薄毛になる人の割合は5~8%、30代だと11〜14%とされています。

薄毛だと感じ始めると、まず最初の対策として始めやすいのが、シャンプーを変えたり、育毛トニックにチャレンジし始めること。多くの人がこのパターンを経験しています。

頭皮環境を改善するために、シャンプーと育毛剤を使用することはとても有効ではあります。しかし、根本的な改善にはつながりません

薄毛の原因はそもそもなに?

AGA(男性型脱毛症)、ストレス、食生活、運動不足、遺伝など、多くの原因により薄毛につながっているため、その原因を特定しなければ改善はしないのです。一度自分の生活を見てみましょう。髪に悪い行動をしている可能性があります。

AGA(男性型脱毛症)とは

男性ホルモンである「テストステロン」が「5-aリダクターゼ」と呼ばれる酵素と結合し、それが抜け毛につながる「ジヒドロテストロン」という物質を分泌することで発症します。

AGA(男性型脱毛症)の多くは遺伝が原因だと考えられています。しかし、遺伝だからと諦める必要はありません。

男性ホルモンが原因の薄毛の対策は、「5-aリダクターゼ」の働きを抑えて抜け毛の原因になる「ジヒドロテストロン」を作らせないようにしたらよいのです。

もやパンダ
もやパンダ

薄毛につながる原因を特定することが重要パラ。

ヘアサイクルを正す

薄毛の元になる原因を改善することが第一です。その上で薄毛対策を見てみましょう。

1本の髪の毛は2年~6年で寿命を迎えます。寿命を迎えた髪の毛は抜けてしまいますが、サメの歯のように次に生える髪の毛が毛根で待機をしている状態なので、抜けた後は新しい髪の毛が生えてくることになります。

 

1・・・
髪の毛の赤ちゃんが伸長

2・・・
毛包が成長し、髪の毛が伸びる(2~6年)

3・・・
毛球が太く成長

4・・・
毛球退縮の始まり

5・・・
毛球が退化(2週間)

6・・・
髪の毛が自然に抜ける
休止期(3~4か月)

7・・・
「1」に戻る

 

抜け毛のチェック!

 

正常の抜け毛
・毛根から毛先まで太さは同じ
・毛根は丸みを帯びている

危険な抜け毛
・毛根の先が細くとがっている
・一部だけ先が細くとがっている
・抜け毛が細く、毛根も細い

 

髪の毛が抜けて生えるこの周期をヘアサイクルと呼びます。髪の毛は一定の周期で脱毛・成長を繰り返しているのです。薄毛の原因の1つに、このヘアサイクルの乱れが影響をしている可能性があります。

例えば、AGA(男性型脱毛症)の場合は、ヘアサイクルの周期が半年~1年と短くなります。では、ヘアサイクルは一生でどのくらい繰り返しているのでしょうか?永遠と繰り返す?

一生のうちに40回~50回繰り返すと言われています。先にも話しましたが、髪の毛は2年~6年の周期でヘアサイクルを繰り返しています。つまり、最低2年のヘアサイクルだとしても、40回繰り返すことができれば「80年」。

つまり、寿命を迎えるまで髪の毛は存在することになります!

ところが、半年の周期でヘアサイクルが発生してしまうと、40回のサイクルにより20年で終了してしまう計算になります。

ヘアサイクルが終えると、毛根は力尽きてしまい穴を閉じます。そして、光沢を放つようになり、いずれスキンヘッドのような神々しい禿げ頭になってしまいます。

こうなると髪の毛が再び生えるのは難しくなります。

20代で薄毛になると、40代で相当な薄毛あるいはハゲになってしまう恐れがあるため、このような理由から一刻も早くヘアサイクルを正常化し、正しい周期に戻す必要があるのです。

生活習慣を正す

ヘアサイクルを正常にするには、生活習慣の乱れを改善することが大切です。外食やファーストフードばかりを食べていませんか?

油物が多く、自分の好きなものばかりを食べていると、栄養バランスが偏り、髪の毛を作る栄養が不足します。当然、髪の毛が成長できないためヘアサイクルが狂い始めます。

大切なことがあります。

それは、栄養を髪の毛の作る場所である「毛乳頭」にしっかりと届けなければ意味がないということ。

では、どのようにして栄養を運ぶのでしょうか?

血液です。栄養素は血管の中を流れる血液によって送られます。つまり、血流が悪くなると髪の毛に栄養が届きにくくなるのです。

運動をする

血流の流れをよくするには適度な有酸素運動が効果的です。

玉ねぎなどの食べ物でも血液をサラサラにしてくれますが、全身を動かす運動のほうが効率がよく、健康にもなるため一石二鳥です。

ランニングやジョギング、ウォーキングなどをおこない、血液の流れをスムーズにしましょう。髪を作る毛乳頭に栄養が次々と送られます。

質のよい睡眠をしっかりと取る

人は永遠に起きておくことはできません。睡眠は身体をリセットする意味でも非常に重要な充電時間です。

睡眠不足により自律神経が乱れると、血管が収縮を引き起こしてしまいます。血液の流れが悪くなるので髪に栄養が届かなくなり薄毛の原因につながりやすくなります。

20代といえば、一人暮らしを始める人も多いでしょう。これまで親などにやってもらっていたことを、すべて自分でしなければいけません。学業や仕事をしながら家事もプラスされていっぱいいっぱいになる時期です。

しかし、20年、40年先のことを考えて、自分のためにバランスのよい食生活と睡眠をしっかり取ることが薄毛を回避できる方法であり、大切なことです。

ストレスをためない

現代社会はストレス社会。このストレスも薄毛を引き起こす原因になります。

ストレスが溜まると自律神経を乱してしまいますが、自律神経が乱れると血管が収縮します。睡眠不足で引き起こされる自律神経の乱れと同じ状態です。

20代は環境が大きく変わり、その環境に身体が慣れるまで大きなストレスを受け続けます。

このときに、上手にストレスを発散できない場合には薄毛につながってしまうので、趣味に没頭したり、運動をするなどしてストレスを発散しましょう。

釣り、登山、公園の散歩など、自然を身近に感じることができる発散方法は、癒し効果も得ることができるためおすすめです。

育毛剤使用時の注意点

育毛剤は髪を育てるためのものです。特別な記載がない限り、AGA(男性型脱毛症)には効果がありません。効果があると信じて、多額のお金を払い続けても薄くなる一方です。

AGA(男性型脱毛症)の場合には医師が処方する薬が必要です。ただし、育毛剤において、AGAが発症していない段階なら、将来のために予防するのはありです。

また、育毛サロンなどにいくよりは、専門の病院で治療をしていくほうが安くすむ可能性があります。一度、病院で診察をして、AGAなのかそうではないのか確認だけでもしておくとよいでしょう。適切な対策をとることができます。

そして、育毛剤の効果は早くて6か月後と時間がかかります。その間も使い続ける必要があり、効果がないからと短期間で次々と育毛剤を変えると、かえって薄毛の進行につながる恐れがあります。

育毛剤で有名な商品が「リアップ」です。ミノキシジルを配合していますが、これは血管を膨張する効果があり、発毛を促進さえる成分になります。AGAクリニックでも処方される薬なので効果が確立されている成分です。

しかし、AGAクリニックでは内服薬が主であり、リアップは頭皮に塗る外用薬になります。成分を頭皮の奥まで浸透させる必要があり、内服薬よりは効果が低い欠点があります。

皮脂が詰まっていると、その効果はさらに低くなります。頭皮マッサージやシャンプーなどで頭皮に詰まった余分な脂を落としてから、育毛剤をつけるとよいでしょう。

朝シャンプーの落とし穴

朝風呂は、20代に多いですが、朝風呂は抜け毛を促進させるとも言われます。

その理由は、朝に頭皮の脂を流してしまうと、髪に必要な脂(バリア)がない状態なので、日差しを直に浴びてしまいます。

紫外線の攻撃により髪や毛根を傷めてしまう恐れがあるのです。とくに髪が薄い部分、「おでこの生え際」・「つむじ」などは注意が必要です。

そして、夜にシャンプーをしないと、1日の脂と汚れで毛穴に栄養がいき渡りにくくなります。成長ホルモンは睡眠開始から3時間以内に分泌されるため、寝る前に頭皮を綺麗にしておくことが大切です。

整髪料のつけっぱなし

20代や30代は整髪料をつけっぱなしで長時間過ごす人が多いです。ワックスやジェルなどは毛穴を塞いでしまう恐れがあるため、頭皮につかないように気をつけてください。

夜はお風呂に入り、しっかりと汚れを落としましょう。

濡れた髪をそのままにしている

シャンプーあとにしっかりと乾かしていますか?湿ったままでいると雑菌がすぐに繁殖します。

髪の毛が濡れた状態でいると臭くなるのも、雑菌が増殖しているためです。髪の主成分であるタンパク質を弱体化させてしまいます。

雑菌が繁殖すると、毛根の炎症やかゆみが出たり、頭皮に出来物があらわれるなど、頭皮ダメージの原因になります。

しっかりとドライヤーなどで乾燥させましょう。このときにも、まんべんなく乾かすようにします。一か所に当て続けると髪の毛が火傷のようになりキューティクルが損傷します。

高温で乾かさないように注意しましょう!温風の後は、冷風に切り替えてドライヤーを使います。冷風を使うことでキューティクルが引き締まるため、髪の毛が綺麗になります。

シャンプーはアミノ酸系を選ぶ

シャンプーの種類は多くあるため、どれを選んでよいのかわからない人も多いですが、薄毛に優しいシャンプーは、アミノ酸系シャンプーになります。

アミノ酸系シャンプーには、安価なところだと「HIMAWARI」や「いち髪」などがあげられます。

洗浄力が強いアルコール系シャンプーは界面活性剤が含まれており刺激が強く、頭皮にダメージを与えてしまうので、薄毛の人は避けたほうが無難です。

AGAクリニックで治療する

AGAクリニック薄毛専門病院で飲み薬のフィナステリド(商品名 プロペシア)を処方してもらうのも1つの手になります。

プロペシアを1日1回継続的に半年~2年以上飲み続けた人の約8割以上が薄毛を改善しているほど、効果と実績があります。

医師の診察がないと入手不可なので、ドラックストアなどでは手に入りません。不特定多数が購入できるものではないので、病院の診察が必要になります。

初診のあとは、月に1回~数ヶ月に1回通院し、診察しながら薬をもらい改善・異常などを確認していきます。

保険がきかず、自己負担金になるので、金額は約1ヶ月に5千円〜1万5千円ほどかかります。

20代で薄毛になりやすい人

 

家族の誰かがハゲている

食生活が乱れている

若いときから喫煙している

アルコールの飲みすぎ

運動をしない

睡眠不足

ストレスを感じやすい

カラーやパーマを頻繁にしている

間違えたダイエット

生活習慣の乱れ

紫外線の浴びすぎ

 

まとめ 薄毛対策のスタートは生活習慣を見直すこと

もやパンダ
もやパンダ

食生活をただすパラ。運動をするパラ。しっかり寝るパラ。そのうえで薄毛対策を始めるパラ。