気になるキーワードを検索

健康維持の方法

テロメア(身体の中の靴ひも)で寿命を伸ばす方法

更新日:

寿命を自分の力で長くできるかもしれない。寿命を左右する身体の中の靴ひもとは?

身体の中の靴ひもとテロメアは老化と深い関係がある。同じ年でも見た目が全然違う人がいるのだが、実年齢よりも若く見える人とそうではない人の差には細胞の老化が関係をしている。

身体の中の靴ひも「テロメア」とは

2009年、テロメアの研究でノーベル医学生理学賞を受賞したブラックバーン博士は「人の体は、あらゆる場所で働く細胞が適切なタイミングで新しい細胞として再生されることで健康が保たれている」と提言している。

身体の一つ一つの細胞には細胞核がある。その中に「靴ひも」のような46本の染色体が存在する。

靴ひものような染色体

染色体は遺伝情報を載せたDNAが束になったものだ。つまり、遺伝子のかたまりが染色体。

細胞は分裂して増えていくのだが、このDNAである染色体が傷ついてしまうと性格な遺伝子情報が伝わらなくなる。すると、細胞分裂が正常に出来ずに身体にさまざまな病気や不具合が起きることにつながるのだ。

そこで注目を集めているのが「テロメア」。

テロメアは染色体の両端にあり、靴ひもの端についているプラスチックのキャップが、靴ひもの毛先がバラバラになるのを防ぐように、保護する役割がある。

先端のビニール製の止め具がなくなると、ひもの糸がばらばらにほどけてしまうという意味から「靴ひもの先端」に例えられている。


(出典:surgery1.hiroshima-u.ac.jp)

テロメアは染色体がバラバラにならないようにまとめている。

細胞分裂の際にはテロメア自身が短縮して、ある一定の長さよりも短くなることで細胞分裂を停止すると考えられているのだが、細胞の分裂を停止した結果として、老化現象が起こる

テロメアを長くすると若返る!?伸ばす方法

テロメアを長くすることができれば、細胞の老化を遅らせ、より長い健康寿命を実現することも可能だということになる。

実際に細胞のなかにはテロメアを伸長させるテロメラーゼという酵素が存在する。

人に過剰なストレスがかかると、その人のテロメアが短縮してしまうことが実験結果からわかっているため、ストレスを溜めないように解消法を持っていると長生きができるようになる。

ほかにも、運動、睡眠、豆類、果物、乳製品などの食事といった生活のあり方を整えることでもテロメラーゼを増やすことができる。

テロメアで若返る実証

カリフォルニア大学予防医学研究所のディーン・オーニッシュ氏は、35人の男性のうち10人にライフスタイルの改善を促し、低脂肪で野菜や果物の多い食事、週5回以上の有酸素運動、ストレス管理など、健康的な生活をしてもらった。

そして、5年後に採血したテロメアの長さを測ると、何もしなかったグループが3%短くなっていたのに対して、指示を出していたグループは10%長くなっていたことが判明。テロメアの長さだけを見れば若返ることが出来たのだ。

まとめ 食生活の改善で老化を遅くできる

食生活や生活習慣で自分の老い方を変えることができる。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.