気になるキーワードを検索

健康維持の方法

Tレグ細胞のアレルギー予防効果と増やす方法

更新日:

ノーベル賞級の発見「Tレグ」。つらい花粉症や喘息が解決できる方法とは?

最新の研究で様々なアレルギーが治療で克服できる可能性が出てきた。その鍵は「Tレグ」だ。Tレグとはいったいどのようなものなのだろうか?

Tレグ細胞はノーベル賞級の発見と言われているもので、別名「制御性T細胞」と呼ばれている。

Tレグ細胞で花粉症が治る!?

免疫の過剰な攻撃を抑え込む働きがある細胞がTレグ細胞。この細胞を発見したのは大阪大学の坂口志文教授で20年前のことになる。

アレルギーは人の身体に対して本来は無害なものが、免疫に反応してしまい身体を攻撃してしまう。

例えば花粉症の場合、アレルギーを持っている人は花粉に対して免疫が攻撃してしまうのだ。この過剰な攻撃を抑制するとアレルギー反応がでなくなるのだが、Tレグ細胞があればアレルギーの原因物質に攻撃するのを止めてくれる興効果がある。

Tレグ細胞でアレルギーを食い止める

人の身体にウイルスなどの異物が侵入すると免疫が働き攻撃する。しかし、この免疫は本来攻撃しなくても良いものにまで攻撃してしまう特性があり、攻撃してしまうことでアレルギー反応として発症する。

免疫がこれらの過剰反応攻撃をしないようにストッパーの役割を果たすのがTレグ細胞だ。

Tレグ細胞はこれまで育ってきた環境に大きく左右される。田舎暮らしで自然を身近に感じながら生きてきた人は、幼い頃から微生物に触れる機会が多い。この人達はTレグ細胞をたくさん持っている。

その反面、アスファルトの上で生活をしてきた都会暮らしの人たちは、Tレグ細胞が極端に少ないためアレルギーを持つ人が多いことも分かっている。

公園で泥んこ遊びして微生物と一緒に遊べばTレグ細胞が増える。アレルギーに強くなる。

Tレグ細胞を増やす方法

では、都会の人たちはTレグ細胞を増やすことはできないのだろうか?

Tレグ細胞を増やすことはできる。昆布が有効だ。とろろ昆布を味噌汁にして週に3回は飲むようにするとよい。

ただし、食べ過ぎるとむくみや便秘の原因になるため注意が必要だ。その他にも、ヨーグルトや漬物、農業研究所が開発している花粉症緩和米に頼ってみるのも1つの手。ただ、このお米は研究段階のため実用化までもう少し時間がかかりそうだ。

食べ物以外には、家畜に触れることもTレグを増やす重要ポイントになる。アーミッシュと呼ばれる家畜と共に生活をしている人がアメリカとカナダにいるのだが、Tレグ細胞が普通の人よりも35%も多いことが判明している。

もちろんアレルギーを持っている人も他の地域に比べて極端に少ない。

また、2015年から保険適用になっている舌下免疫療法を試す人も最近増えている。スギ花粉のエキスを舌の裏側に付けて、少しづつ慣らしていくというものだ。身体が敵ではないと判断するために2〜3年程度は時間がかかる。

メモ

・昆布

・ヨーグルト

・漬物

・花粉症緩和米

・家畜に触れる

・舌下免疫療法

まとめ Tレグ細胞を増やすとアレルギーがなくなる

将来、Tレグ細胞の研究がもっと進めば、アレルギー知らずの人類になるかもしれない。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.