色白と色黒で肌のシミに違いの差ができる理由

スポンサード リンク

暑い夏の必需品「日焼け止め」ですが、多くの人たちが愛用しています。しかしこの安心が後に大変なことになるかもしれません。

誤ったケアをしていると、貴方のお肌は数年後はシミだらけになっているかもしれないのです。そこで日焼け止めを塗ってもシミだらけになる人とならない人の違いの差はあるのでしょうか?

もやパンダ
もやパンダ

紫外線の恐怖パラ・・・。

日焼けは紫外線の量に左右されますが、5月が最もピークで、6・7・8月と高い紫外線量が降り注ぎます。

日焼け止めを塗ってもシミだらけになのは肌の色の差

地表に届く紫外線には、UVAとUVBの2種類に分けられますが、海などで背中や顔が赤くなりヒリつくのが、UVBの影響です。そして、数日後に黒くなる変化を起こすのがUVAの影響になります。

UVAは肌の真皮を破壊して、しわやたるみを作り、皮膚を黒くしてしまいます。そしてUVBは肌を赤くヒリヒリさせ、しみやそばかすが出来る原因になります。

日焼け止めを塗ってもシミだらけになる人とならない人がいます。いったいどういうことなのでしょうか?

日焼け止めを塗ってもシミだらけになる人とならない人の違いの差は、肌が元々色白か色黒かによります

シミは肌の色で変わる

 

色白
シミができやすい

色黒
シミができにくい

 

日焼けをした人は、日光に当たると紫外線により表皮がダメージを受けて炎症を起こします。これが日焼けで赤くなる原因。

そこで、身体はこれ以上炎症をさせまいと防衛反応が働きます。この防衛をしてくれるのがメラニン

日焼けから数日経つと、赤から黒色に変わりますが、これはメラニンが身体を守った成果です。

若い人は細胞の循環が早く活発なためサイクルが早いのですが、年を取ると一部分で細胞の代謝が悪化してサイクルが滞りがちになります。

他の部分は代謝が活発でシミはできませんが、ある部分だけ代謝が悪いとそこがシミになってしまうのです。

色黒の人は元々遺伝によってメラニンを持っているため、新たにメラニンを作る必要はありません。

色黒の人はメラニンをもともと持っているため皮膚を防御ができ、シミになりにくいのです。

まとめ 色黒はシミができにくい

もやパンダ
もやパンダ

色黒の人はメラニンのおかげでシミができにくいパラ。