サングラスが夏バテ予防対策になる理由

スポンサード リンク

暑い日が続くと夏バテをしやすくなりますが、サングラスをすることでシミ・シワ・そばかすはもちろんのこと、夏バテを防止する効果があります。サングラス効果とはいったいどういうことなのでしょうか?

もやパンダ
もやパンダ

暑いパラ・・・。太陽がやる気満々パラ・・・。

完全に夏バテ・・・。サングラスをかけてみたらよいでしょう。

サングラスで夏バテを防止

夏バテの代表的な症状として、疲労があげられますが、原因の1つに活性酸素があります。

活性酸素は身体にサビを発生させる老化の要素。この活性酸素は紫外線でも発生することがわかっています。

夏の紫外線は強く、お肌はもちろん、紫外線を浴びていると眼の中の角膜部分に炎症を引き起こすなど、眼にも悪影響を与えてしまうのです。

角膜に炎症が起こると、脳が炎症を起こしていると認識するため、脳はストレスホルモンを分泌。その中の1つであるコルチゾールというストレスホルモンが夏バテに関係性を持っています。

コルチゾールが分泌されることで心拍数が上昇し、血流の速度を上げるために血管が収縮する。その結果、胃に対して配分される血液量が減ることになり、消化力が低下して食欲が無くなくなり夏バテの症状を引き起こします。

食べ物を食べないと免疫力が下がり夏風邪にもなる・・・。

また、眼に紫外線を浴びると、シミ・シワ・そばかすができてしまうことも判明しているため注意が必要です。

まとめ 目から紫外線が入り疲れる

眼から紫外線が入るため、お肌のケアしてもシミが出る可能性があります。サングラスで紫外線をしっかりガードしましょう!

もやパンダ
もやパンダ

眼に侵入する紫外線を防ぐ効果のあるUVカットサングラスを選ぶようにするパラ。