サングラスが夏バテ予防対策になる理由

更新日:

暑い日が続くと夏バテをしやすくなりますが、サングラスをすることでシミ・シワ・そばかすはもちろんのこと、夏バテを防止する効果があります。サングラス効果とはいったいどういうことなのでしょうか?

 

サングラスで夏バテを防止


あつい~・・・、身体が溶けちゃうよ~・・・。わたしこのままアイスクリームになっちゃうのかな~・・・?

 


本当に暑いパラ・・・。太陽がやる気満々パラ・・・。

 


完全に夏バテしているわ。サングラスをかけてみたらどうかしら?

 


ぬぉ?サングラスで夏バテを予防できるパラ?

 


え~サングラスで夏バテしないなんてはじめて聞いたよ☆彡どういうことなの?サングラスに夏バテ防止の機能がついた新商品じゃないよね~?

 


夏バテの代表的な症状として、疲労が挙げられるけど、原因の1つに活性酸素があるの。活性酸素は身体にサビを発生させる老化の要素でもあるわ。この活性酸素は紫外線でも発生することがわかっているの。夏の紫外線は強くて、お肌はもちろん、紫外線を浴びていると眼の中の角膜部分に炎症を引き起こすなど、眼にも悪影響を与えてしまうわ。角膜に炎症が起こると、脳が炎症を起こしていると認識するから、脳はストレスホルモンを分泌。その中の1つであるコルチゾールというストレスホルモンが夏バテに関係性を持っているの。

 


角膜が傷つくと脳が炎症を察知してコルチゾールを分泌するパラ。

 


そのコルチゾールっていうのが夏バテに影響ある☆彡眼から入る紫外線を防ぐと夏バテをしないメカニズム♪

 


コルチゾールが分泌されることで心拍数が上昇し、血流の速度を上げるために血管が収縮するの。その結果、胃に対して配分される血液量が減ることで消化力が低下して、食欲が無くなくなり夏バテの症状を引き起こすわ。

 


食べ物を食べないと免疫力が下がって夏風邪にもなるパラ。

 


うん、そして眼に紫外線を浴びると、シミ・シワ・そばかすができてしまうことも判明しているから注意が必要なの。

 


眼から紫外線が入るから、お肌のケアしてもシミが出るなんて人間の身体ってほんと不思議☆彡サングラスで紫外線をしっかりガードしなきゃ!

 


眼に侵入する紫外線を防ぐ効果のあるUVカットサングラスを選ぶようにするパラ。

 

サングラスがシミ・シワの原因になる理由と正しい選び方

紫外線から目を守る役割として重宝されているのが“サングラス”。しかしこのサングラス、選び方を間違えるとお肌がシミやシワだらけになってしまうかも知れません。いったいどういうことなのでしょうか? &nbs ...

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。   これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか?   痩せる脂肪細胞とは 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。   痩せるために重要な脂肪 ...

-健康維持の方法

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.