気になるキーワードを検索

健康維持の方法

日焼後にミニトマトでシミを防ぐ方法

更新日:

日差しが照りつける暑い夏。日焼けによってできるシミやシワは女性にとって天敵だ。日焼けでシワとシミにならない方法とはいったいどのようなものなのだろうか?

日焼けは年を取るとダメージが目立ってくる。できるだけ太陽の光を意識しながら夏は過ごすとよい。そして、日焼けをしてしまった時にシミやシワにならないで済む最も効果的な方法がある。

日焼けをした後はミニトマトでシミやシワにならない

日焼けをした後にミニトマトを食べるとシミやシワにならない。ミニトマトに含まれるリコピンというポリフェノールがあるのだが、それを摂ると日焼けによる赤みを軽減してくれる。そして、皮膚の乾燥も防ぐ力があるのだ。

シミの原因はメラニン。これも減らしてくれるすごい力がミニトマトにはある。この他にも美容ビタミンと言われるビタミンCも豊富だ。マグネシウムも含まれているのだが、皮膚の代謝を向上させるため美容を求めるならミニトマトは外せない。

ところで、トマトとミニトマトは大きさが違う。ミニトマトでないと効果はないのだろうか?

実は、ミニトマトしか効果はない。リコピンはトマトの皮の部分に豊富に含まれているため、大きいトマトよりミニトマトの方が表面積が大きい。たくさん摂取することができるのだ。

メモ

100g中の栄養素

ミニトマト

・リコピン
22mg

・ビタミンC
32mg

・マグネシウム
13mg

トマト

・リコピン
10mg

・ビタミンC
15mg

・マグネシウム
9mg

ミニトマトは普通のトマトの倍くらい効力があるため、食べるならミニトマトがおすすめだ。1日15個ぐらいを目安にするとよい。

15個!!意外と多いではないか・・・。

15個を朝と昼と夜に5個ずつ食べればそんなに無理じゃないかも?日焼けをしてしまった場合は、数を倍にして朝10個・昼10個・夜10個食べると効果が増える。

シミとシワを無くすためなら30個、お財布と相談しながら頑張って食べよう。

首のシワを無くす体操のやり方

美肌は見た目も大事だ。首がキレイに見えると若く見せることができる。首のシワを無くす体操が次のやり方になる。

メモ


口を閉じる


口を右に寄せる


口を元に戻す


口を左右に動かす

5秒間、1日10セット行う

この体操は、首の筋力が動いていることを意識するのがポイントだ。5秒間なるべく速く左右に動かすようにする。

まとめ ミニトマトで紫外線対策

日焼けしてしまった後は、ミニトマトを食べてシミとシワの対策をするとよい。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.