気になるキーワードを検索

健康維持の方法

夏バテの症状とは?治療法と対策方法

更新日:

暑い夏は夏バテをしてしまう。ところでこの「夏バテ」はそもそもどのような症状を引き起こすのだろうか?詳しく見ていこう。

夏バテの原因

温度差による自律神経の乱れ

猛暑の屋外で活動した後、エアコンがきいている冷えた室内に戻るときに急激な温度差が起こるのだが、これは体力を消耗するため夏バテの原因になる。

また、冷房の効きすぎた部屋にいると、ストレスから自律神経がうまく働かなくなり、自律神経の変調が胃腸の不調や全身の倦怠感、食欲不振などを招き、夏バテを引き起こす。

高温多湿の環境で発汗の異常

高温多湿により汗の出口周辺が詰まりやすくなるため、発汗が困難になる恐れがある。結果として体温調節が鈍化。

さらに長時間直射日光の下にいると発汗が過剰になるため、身体の水分が不足する恐れもあるため、夏バテを引き起こす。

熱帯夜による睡眠不足

エアコンの室外機や住宅密が密集している場所では、夜間も温度が下がりにくい状態だ。そのため熱帯夜により寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなり睡眠不足を招いてしまう。

睡眠によって日中の疲労を回復することが困難になるため、疲れが溜まり夏バテを引き起こす。

夏バテの症状

全身のだるさと疲労感

全身のだるさと疲労感に襲われる。なんとなく身体がだるくなり、疲れが取れにくい日が続く症状が現れる。

食欲不振

自律神経の不調により、消化器の機能が低下する。すると食欲不振に陥り、身体に必要なエネルギーやビタミン・ミネラルなどの栄養が不足しがちになる。結果的に、だるさや疲労感が増え、無気力が増幅。この他にも多くの症状がでる。

メモ

・イライラする

・熱っぽい

・立ちくらみ

・めまい

・ふらつき

・むくみ

・下痢

・便秘

など

夏バテのチェック!

夏バテの症状は幾つか有る。チェックをしてみよう。

メモ

・食欲が不振気味?

・全身の倦怠感があり、無気力感?

・思考力が低下し、ミス連発?

・下痢になった?

・便秘になった?

・頭が痛い?

・熱がある?

・めまいがする?

日頃と比べて身体に異変があり、これらの症状が1つでもある場合は、夏バテの可能性が高い。

夏バテの対策法

環境の変化に気を付ける

自律神経の調整機能がうまくいっていない場合、 神経質で環境の変化に過度に反応してしまうので、急な環境の変化に気を付ける必要がある。

特に身体の調整機能が未熟な幼児から子供・高齢者は、脱水症状になりやすく、日射病や熱射病を起こし恐れもあるため注意が必要だ。

疲労回復を急ぐ

夏バテになると身体の機能が低下してしまうため、できるだけ早く疲労の回復に努めることが大切になる。

例えば、睡眠不足を防ぐため、できるだけ早く寝るようにする。良質な睡眠を得るために熱帯夜の日には氷枕を使用すると良い。

そして、クーラーや扇風機を使うときは、風が直接身体に当たらないように気を付ける。職場などで、クーラーの風が直撃する場合や、温度設定が低いときは、カーディガンを羽織ったり、ひざ掛けを用意し、身体を冷やさないように工夫する。

また、クーラーのききすぎた部屋で長時間過ごすと、身体がストレスを感じて自律神経のバランスが崩れやすくなる。

夏バテにならないようにするため、温度調節に気を配るとよい。室内と室外の温度差は、5℃までであることが望ましいと言われている。

栄養のあるものを食べる

暑くて食欲不振が続いている状態だ。なかなか食欲はわかないのだが、食べられるものを、少しでも食べるようにするとよい。

グレープフルーツなどの柑橘類、豆類、豚肉、レバーなど、ビタミンやミネラルが豊富なものを選び、栄養価の高いものを選ぶと良い。

トマト、きゅうり、かぼちゃ、ゴーヤなどの夏野菜は身体を冷やす効果があり、夏バテをしているときにも、食欲があがりやすいものが多いのでおすすめ。

栄養ドリンクを飲む

栄養ドリンクを飲むと良い。手軽に高いエネルギーを補給することが出来る。

ただ、食べ物を食べなければ全体的な疲労回復には結び付かないため、栄養ドリンクは補助的食品だという意識を持つことが大切だ。

まとめ 夏バテする前に栄養をつけて回避!

とくに大量に汗をかいたときには、水分補給と塩分をとるようにしよう。体内が水分不足になると夏バテの原因になる。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.