スタンフォードのストレス解消法が凄い!逆転の発想

スポンサード リンク

これまでストレスは健康の敵として広く言われていました。しかしその常識が180度変わるかもしれません。いったいどういうことなのでしょうか?

もやパンダ
もやパンダ

ストレスできついパラ・・・。ノックダウンパラ・・・。

ストレスにより負の連鎖に入ってる可能性があります。これまでストレスは身体に悪いといわれていましたが、少し意味合いが違ってきています。

確かにストレスは胃かいようなど消化器系の病気や高血圧・うつ病を引き起こすと言われており、間違いなく健康を害するストレスですが・・・。

ストレスとの上手な付き合い方

「ストレスを解消してください」と簡単に言われても、なかなかストレスをなくすことは難しいです。

そこにメスをいれたのがマクゴニガル博士。

ストレスは健康の敵ではないと断言しています。マクゴニガル博士の研究では、アメリカの成人3万人に対して、「去年ストレスを感じましたか?」・「ストレスは健康に害があると思いますか?」という2つの質問をしました。

そして、その8年後にこの3万人の生死を調べたところ、第一の質問に対して「強度のストレスを感じた」と答えた人の8年後の死亡率が、それ以外の人よりも著しく高いことが判明しました。

やはり、ストレスで身体が壊れた・・・。

しかし、実は死亡率が高くなる条件は「ストレスを感じた」だけではありませんでした。「強度のストレスを感じた」人のうち、第二の質問にイエスと答えた人「ストレスが健康に害があると信じていた人」のみが死亡率が高かったのです。

強度のストレスを感じていても、「ストレスは健康に害があると考えていなかった人」の死亡率は、ストレスを感じなかった人とほとんど変わらなかったそうです。

60万部のベストセラー「スタンフォードの自分を変える教室」ストレス心理学者の3年ぶりの書き下ろし新作として書かれた「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」(ケリー・マクゴニガル著、大和書房)が話題を集めています。

この本は、心理学実験の結果を紹介しながら「ストレスは健康に悪くない」ということを語っており、ストレスは健康に悪いという先入観が、ストレスの悪影響を何倍にも強めているという考えに基づいて書かれています。

ストレスからストレスにつなげるのではなく、その考えを「ストレスは集中力をアップさせ、学力にも仕事にも有用であり、それほど恐れなくていい」と切り替えるだけで、ストレスの悪影響を大きく減らすことができます。

つまり、ストレスをどうとらえるかが重要です。ストレスを強く感じている人は一度読んでみるとよいかもしれません。

ストレスは健康にそれほど悪くないということが思えるようになると、ストレスの悪影響から逃れて、ストレスによって心と身体の病気になるリスクを減らすことにつながります。

もやパンダ
もやパンダ

あれも規制~これも規制~どれも規制~こっちもそっちも規制~パラ。規制ばっかりになると窮屈になって息苦しく思えるパラ。これと一緒パラ。

母親と引き裂かれた子猿のストレスが力になる

心にゆとりが必要だということ。

ジョンズ・ホプキンス大学の研究では、妊娠中に大きなストレスを受けた女性が産んだ赤ちゃんたちは、脳の発達が優れていて、心拍変動が高いことが判明しています。

ある研究で、子ザルを母親から引き離す実験を行ったとき、幼児期のストレスは情緒不安定につながるだろうと予測していました。しかし、幼児期のストレスは「力」に変わりました。

幼児期にストレスを経験した子ザルたちは、成長するにつれて過保護に育てられた子ザルたちにくらべ、ビクビクしない強い性格になったそうです。

ストレスを力に変え、自分で行動する力をつけたのです。ストレスへの対処方法もそれぞれ異なるので、見てきましょう。

 

チャレンジ反応
自信が強まり、進んで行動を起こして経験から学ぼうとします

思いやり・絆反応
勇気が強まり、進んで人の世話をして社会的な関係を強化します

 

ストレス度指数の高い国ほど繁栄度も高くなります。また、退屈は死亡リスクを高めてしまいます。

自分の持っている力や手段をしっかりと意識することで「チャレンジ反応」が目覚めやすくなります。

考え方次第で、大変なときでもあえて困難な問題に立ち向かっていけるようになれれば、自分の可能性を広げられて病気もしない人生を過ごせる可能性が高くなります。

この本は、多くの研究結果から困難を乗り越えて強くなる方法を解き明かしています。

ストレスは人それぞれの先入観があるため、ストレスを感じるたびに、「すごいストレスだ」、「またストレスがたまる・・・」と思ってしまうもの。しかし、これを口にすることで負の影響が身体をむしばんでいきます。

言霊の力・・・。

ポジティブに考えることで、寿命が長くなることがボルティモア老化縦断研究所の調査で判明しています。ポジティブに考えることで、ストレスを感じにくくなり、目標や選択が変わることが長生きにつながります。

世の中は辛いことだらけ。

しかし、困難な問題を避けたり否定しないで正面から向き合うようにします。そのことで、ストレスの多い経験に対処する能力を培うことができるようになるのです。

もやパンダ
もやパンダ

ストレスを味方につけて戦うとストレスが一個なくなるパラ。

ストレス解消法

 

新しい考え方を学ぶ

新しい考え方を取り入れて実践する

自分が学んで実践したことを、他の人たちと分かち合う

 

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

スタンフォードのストレスを力に変える教科書

ケリー・マクゴニガル
1,676円(09/23 11:16時点)
発売日: 2015/10/22
Amazonの情報を掲載しています

まとめ ストレスを味方につける

もやパンダ
もやパンダ

ストレスさんこんにちわの精神パラ。ストレスを感じたらゲームをするようにストレスをクリアしていくパラ。