気になるキーワードを検索

健康維持の方法

口内炎と舌ガンの初期症状で見分け方の違い

更新日:

ただの口内炎が癌に化けるかも知れない。その原因と見分け方とは?痛いなら口内炎の可能性が高い。痛みがない場合は注意が必要だ。

紛らわしい口内炎と舌がんの見分け方

痛くもなく、2週間過ぎても治らない場合は口内炎ではなく、舌がんの可能性がある。舌がんをはじめとする初期の口腔がんは口内炎と見間違えやすい。

口内炎の特徴

口内炎の場合、唇の裏や口元付近にできることが多い。それは、噛んだところが炎症を起こしているからだ。

口の中を傷つけてしまった場合は、口内炎になることがある。

舌に口内炎が出来ることはあまりない。しかし、舌にもできることがあり、舌にできたからといって舌癌だとは言えないため診察が必要だ。通常の口内炎は2週間以内に痛みも弱まり治っていく。

舌がんの特徴

舌がんは、口腔がんの一つ。

口腔がん全体の60%を舌がんが占めていると言われている。舌がんの原因は明らかになっていないものの、リスクとして知られているのは飲酒、喫煙だ。

舌がんの場合は、多くが舌の側面、縁の部分にできる。舌の内部に癌が出来るため表から全く見えないケースは比較的少ない。

また、舌の付け根にできた場合は口腔底癌と呼ぶ。喉のあたりにできれば咽頭癌だ。

舌がんが進行すると潰瘍になる。そして持続性の痛みや出血を伴い、強い口臭といった症状が現れる。早期の舌がんでも、首のリンパ節にがんが転移してしまう恐れもある。

舌がんのステージ

メモ

・ステージ1は2㎝以下

・ステージ2は2㎝以上4cm以下

舌に2㎝~3㎝の大きさのしこりがあれば、違和感を覚えるため病院で受診する人が増える。

早期の舌がんの手術治療は30分~40分程度で終わるのだが、転移してしまった場合は時間がかかる。早期発見が重要だ。

メモ

舌がんの主な症状

・しこりがある

・舌の一部分に白・赤など色の変化が見られる

・舌粘膜のただれが続く

・口内炎のような症状が2週間以上続く

・しびれや麻痺がある

・味覚障害がおきる

・少しの刺激で痛む

・できものが出来て2週間以内に痛みがない

・舌を動かしにくくなる

舌がんの初期症状

舌の一部に白や赤色の変化が見られる場合は初期の舌がんの特徴だ。この時に気が付くと癌治療で食い止めることができる。

まとめ 早期発見が重要

目で見えるところにできる口腔がんは、自分で見つけることができるため、明るい場所で鏡を使い、日頃のチェックが大切だ。

チェックポイントは赤と白の斑点が口腔がんの初期サインといわれている。がんは早期発見が大事だ。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.