肩こりの解消法とペンギン体操・イルカ体操のやり方

健康維持の方法
スポンサード リンク

3つのタイプの肩こりとは?肩こりは肩甲骨の向きに解決のカギが隠されていることが判明した。

肩こりを診断するスゴ腕医療

肩こりを診断するスゴ腕医療を見ていこう。

肩甲骨の向き

東京都荒川区になる東京女子医学大学 東医療センターにどんな肩こりも治す、整形外科医の神戸克明先生がいる。

この肩関節外来では、五十肩や異常な痛みなど、日常生活に支障をきたすほどの肩の痛みに特化した治療を進めている。

肩こりには3つのタイプがあり、それぞれの症状に合わせて治療法を変えていく。肩こりは肩甲骨の歪みに原因があることが分かってきた。

肩こりのタイプ判別法

診断方法1

メモ

A
手の両肘を合わせる

B
その状態でまっすぐ上げる

C
肘がアゴの高さまでいけば問題なし

肘がアゴの高さまでいかない場合は、肩甲骨が扉のように開いている状態だ。これが歪み。猫背姿勢を長時間続けていると発症しやすくなる。

扉タイプの改善法 ペンギン体操のやり方

メモ

A
握りこぶしを腰に当てる

B
肘を後ろにして3秒間数える

※1日、朝昼晩10回ずつが目安

診断方法2

メモ

A
手を横に広げて、片方の足を90度に上げ、10秒間保つ

この間によろけたり、ぐらぐらする場合は異常がある。これはおじきタイプで、どちらかの肩甲骨が前におじぎするように傾いている。

重心がずれて居るため転倒しやすい。どちらかの肩に鞄をいつも下げていると発症しやすくなる。

おじきタイプ改善法 イルカ体操のやり方

メモ

A
手を合わせてまっすぐ上げる

B
腰を傾け、5秒間保つ

C
左右5回ずつ行う

※朝昼晩、左右5回ずつが目安

診断方法3

メモ

A
両肘を直角に曲げる

B
脇を閉めたまま、腕を外側に開く

45度以上開かない人は、八の字タイプの肩こりだ。

この肩こりは関節自体に原因がある。この場合は効果的な体操はない。そのため特別な治療法が必要だ。

腕は通常、上腕骨を動かすことで腕が動く。しかし炎症が起きると筋肉が骨と癒着して上腕骨が動かなくなる。

これをフローズンショルダーといい、無理矢理動かすことで痛みを発症する。

ㇵの字タイプの改善法

解決策として、内視鏡の手術を行う。電気メスを使用し、炎症を起こしている部分を排除していくのだ。

そして加齢などによって骨が変形してできた突起「骨棘(こつきょく)」をシェーバーを使用して削っていく。

この骨を削らないと骨が筋肉にあたり痛みを伴う。手術時間は35分程度、傷口は6mm、二泊三日の入院で治療が可能だ。

まとめ 3つのタイプの肩こり

保険適用内になるため覚えておこう。ㇵの字は強敵だ。しかし、手術時間も短くてよいメリットがある。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり