エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

ダイエットに成功するため痩せ脳に変える心理とは

シェアする

Stabilization-oriented-plasticity

ダイエットは順調ですか?挫折してしまった人・・・成功して新しい自分に生まれ変わった人・・・少しは痩せることが出来たけど思ったほど結果が出なかった人・・・様々だと思います。

スポンサード リンク

安定化指向と可塑性とは

MP7ダイエットって難しいパラ。もう絶対無理パラ!痩せる気がまったくしないパラ・・・。

MPHRK6これはピンチだわ。ダイエットに失敗してその失敗が積み重なると、“ダイエットは難しいもの”と頭の中で確定しやすくなってしまうわ。なんとかして痩せたいと思い、痩せる方法をインターネットや本などで探すけど・・・。

「なぜダイエットが成功出来ないのか・・・」、「これは難しい・・・」、「このダイエット法は無理だよ・・・」ダイエットは難しいという情報がどんどん入り込み、より一層ダイエットが難しいものということを強固してしまうの。

MPHRK4そこで、ダイエットは簡単ということを頭に作るのよ!すると今度は簡単なダイエットとして情報を集めるようになるわ!人は急激な変化を嫌う傾向があるけど、急激に環境が変わることに抵抗を感じる人も少なくないの。

安定化指向

安定化指向とは、現状を維持しようとする指向です。脳は急激な変化に抵抗を感じます。

可塑性

可塑性とは、脳は急激な変化には抵抗するけど、徐々に環境を変えるなら許容できることを指します。

ダイエットは切り詰めないことが大切

MP10急にハードなダイエットをして痩せようとしたら、環境が急に変わることによって脳が抵抗して辞めさせようとしていたパラ。そして、ダイエットの挫折に繋がることになっていたパラ・・・。

MPHRK1ダイエットに失敗した人は急激な環境変化ではなく、徐々に少しづつ簡単なダイエットから始めるようにして、脳を安心させることが大切なの。脳を意識したダイエットをはじめてみるといいわね。