春は体臭が最もキツくなる季節の理由と対策方法

健康維持の方法
スポンサード リンク

春は1年で最も体臭がキツくなる季節だと言われている。実は、夏よりも春のほうが体臭がきつくなる季節なのだ。

春は1年で最も体臭がキツくなる理由

春といえばすごしやすくなる季節。汗もあまりかかない。なぜ、夏よりも春に体臭が増えるのだろうか?

汗腺が弱まる冬から目覚めが春

汗は汗腺から流れていく。しかし、夏は汗腺が活発になるのに対して冬はあまり汗をかくことがないため冬眠のようになる。春はその汗腺がまだ活発にならないため、水分が少ないベタベタな臭い汗を分泌しやくなってしまうのだ。

水分が少なくて老廃物の多い臭いベタベタな汗が出やすいため、春に体臭がきつくなりやすいというわけ。

肝臓が弱る春に体臭がきつくなる

肝臓が弱っている可能性もある。冬は脂肪が蓄えやすくなる季節なのだが、暖かくなるにつれて肝臓が脂肪を燃焼しだす。

急に働き出す肝臓が疲れてしまうと、分解しきれなかった脂肪が血液を汚してしまい体臭につながる可能性がある。

春の出会いでストレスが体臭を引き起こす

春はいろんな出会いが訪れる季節だ。

緊張やストレスからくる汗は臭くなる特徴がある。春は初対面の人との付き合いが増える季節でもあるため、それが大きなストレスになり、積み重なることで体臭を引き起こす可能性があるのだ。

ストレスなどから匂いの出る汗はアクポリン線だ。

春の体臭を抑える対策

では、春の体臭を抑えるにはどうしたらよいのだろうか?

有酸素運動を増やす

汗腺の機能を活発にさせるとよい。ランニングやウォーキング、軽い筋力トレーニングで有酸素運動を増やす。

お風呂で汗をかく

38℃~40℃の少し熱めのお風呂に入り、半身浴をするのも効果的だ。

汗は放置しない

汗を放置しておくと雑菌が繁殖して悪臭を放つ原因になる。汗をかいたらすぐに拭き取るのが鉄則。

汗をかいて汗腺機能を高めることは大事なのだが、汗を放置しておくのはNG。ポイントは濡れタオルを使うこと。

乾いたタオルだと汗がすぐに拭き取られて身体が次の汗を出すように命令しやすくなる。汗が出る回数が増えると拭き取るのも大変になり、拭き残りが出てしまう可能性がある。

そこで、濡れタオルを使うことで皮膚の表面が湿る状態になるため、身体が汗を出すのを抑制してくれる。

その結果、悪臭になるのを抑えることができる。

まとめ 春は気持ちのよい状態ですごしたい

春はとくに清潔に気をつけよう。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり