豆乳ダイエット方法を効果的に毎日飲むやり方

ダイエット
スポンサード リンク

豆乳についてどのようなイメージを持っているだろうか?なんだか柔らかいイメージがある。

健康のために豆乳を飲んでいる人は多いのではないだろうか?健康=豆乳だ。健康のイメージ強いのだが、ダイエットにも効果あるという。豆乳の驚くべきダイエット効果とは?

豆乳ダイエットとは

豆乳には高い栄養成分が含まれているのだが、この栄養を活かして痩せる「豆乳ダイエット方法」が注目を集めてる。

やり方は簡単だ。食事の前に豆乳を飲むだけ

目が飛び出すほどの超簡単ダイエットである。本当に目が飛び出したら「ホラー」になるため実際は顔面にしっかりと張り付いているのだがそんなことはどうでもよい。

まずは豆乳の種類を見ていこう。豆乳には「無調整」・「調整」・「豆乳飲料」の3種類が存在する。

メモ

無調整
大豆を絞った状態でそのままの濃度の濃い豆乳

調整
糖類などを加え豆乳を飲みやすく改良

豆乳飲料
果汁などを加え更に飲みやすくし調整の半分ぐらいの豆乳濃度

例えば、豆乳飲料のコーヒー味は非常に飲みやすい。無調整の豆乳を飲んだことがあるだろうか?なんとも言えない「無」の世界に包まれる。それほど味がしない。

その一方で調整された豆乳はとても飲みやすい。フローラルな世界が広がる。そのままお花畑をスキップしたくなるような感覚だ。

しかし痩せるダイエットに効果的なのは「無調整」の豆乳だ。人生はそんなに甘くはないのである。「無」だ。無調整は独特の味になるため、人によっては飲みにくいと感じるかもしれない。

少量サイズが販売されているためスーパーで見つけて「グビッ!」と試飲してみるとよい。いきなりビックサイズを購入すると後の祭り状態になりかねない。最初は試運転が必要だ。無調整の味に耐えることができるのか自分を試してみる。

豆乳ダイエット方法の効果的な毎日飲む飲み方

では、豆乳を毎日どのくらい飲めばよいのだろうか?毎日だ。負担になるのは勘弁していただきたい。

食事の30分前に豆乳を200ml飲む

これなら負担も少ない。朝に飲むと効果がさらに高まるとされているのだが、基本的には食事前になる。食事前に飲むことで空腹感を抑えることができるのだ。

食事の直後や食事中に飲んでも意味がない。満腹中枢を刺激する前に本食に入ってしまう。これだと使い方は喉に詰まった食べ物を流す水と変わらない。豆乳を効果的に利用するダイエットは食事30分前に飲むことが重要だ。

暴飲暴食を避け、食事の量を減らす効果に期待ができる。豆乳を飲むことにより食事による急激な血糖値急上昇を防ぐ効果があるため脂肪を蓄えにくい作用につながるのだ。

豆乳の主成分である大豆の高栄養価

そもそもなぜ大豆がダイエットに効果的なのだろうか?それは大豆に含まれる成分が関係をしている。

豆乳がダイエットによいと言われているのは豆乳に含まれる大豆イソフラボンがあるためだ。大豆イソフラボンはエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンに似た働きをする。

ホルモンが足りなければ補う。多すぎると減少させる。

女性が女性らしくあり続けるためには非常に重要なホルモンになる。もしもエストロゲンがなければ「おっさん化」するだろう。40代から髭が生えてくる女性も少なくない。女性ホルモンが年齢と共に減少をしているためだ。

豆乳には大豆イソフラボンが含まれている。ダイエットの効果以外にも飲むだけで女性らしい体型を作ることができるのだ。生えてきた髭が「生えてくる場所違うやんけー!」と気づいてくれる。これは嬉しい作用である。

また、オリゴ糖は乳酸菌やビフィズス菌の栄養源になるため便通が改善。その結果、美肌効果に期待ができるのだ。さらに、大豆サポニンという成分も含まれている。脂肪や糖質の吸収を遅らせる効果があり、満腹中枢を刺激しながら食べ過ぎを防止する。

おわかりだろうか?

豆乳にはきれいに痩せることができる成分が豊富に含まれている。豆乳ダイエット方法は女性に特化したダイエットと言ってもよいのではないだろうか。

メモ

大豆に含まれる高栄養素

大豆たんぱく
基礎代謝を上げコレステロールを下げる

大豆ペプチド
脂肪を燃焼する

ビタミンE
血行促進

必須アミノ酸

ビタミンB1,B2,B6

レシチン
悪玉コレステロールを減少させる

鉄分
牛乳の10倍以上

カリウム
血圧を安定させる

マグネシウム
臓器の働きを調整する

大豆ダイエットで注意すること

女性のホルモンバランスを整えてくれる嬉しい大豆成分なのだが注意をする点がある。

大豆イソフラボンの1日に取ってもいいとされる上限量は70~75mgとされていることだ。

大豆イソフラボンは女性ホルモンバランスを整えてくれるのだが、過剰に摂取するとホルモンバランスが崩れやすい。

ホルモンバランスは非常に重要だ。妊娠中の過剰摂取は子供に大豆アレルギーの影響を与える危険があるのだ。この他にもバランスが崩れることで思わぬ副作用に出会う可能性がある。

そんな悲しい出会いはいらない。

豆乳とは良い出会いだけがしたいのである。そのためにも過剰摂取に気を付けながら、気になる場合には産婦人科の医師とよく話し合うことが重要だ。

まとめ 豆乳ダイエットは女性の味方

豆乳ダイエット方法は女性らしい身体を作りながら痩せていくことができる。ただし豆乳ダイエットはたくさん飲んで痩せるダイエットではない。食事バランスを考えたうえで適度に継続しながら飲むことが大切だ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
ダイエット
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり