スナッキングダイエット方法の1日5食で痩せる効果とやり方

更新日:

ミランダ・カーも実行している、今注目される“食べながらダイエット”が話題になっています。そのダイエット名は「スナッキングダイエット」。いったいどのようなものなのでしょうか?


また食べ過ぎてしまったパラ・・・。


ドカ食い!お腹でトランポリンができそう☆彡


食べ過ぎは身体に悪いわ。でも、食事制限は精神的にも負担がかかるから健康を害する場合もあるの。そんな困ったときに役に立つのがスナッキングダイエットなるの。


スナッキングダイエットってどんなダイエットなの?“キング”っていうほどだからなんかすごそう♪

スナッキングダイエットとは

食事と食事の間に何かをつまんで空腹を避けることで、血糖値の上昇を抑え、カラダが必要以上の糖分を摂取しないようにコントロールをするダイエット法です。

空腹にならないようにこまめに食べるのがポイント!

スナッキングダイエットは時間と回数が重要

食事の間隔は4〜5時間が最適とされているのに対して、多くの人は昼食と夕食に6~7時間ほど空けることが多くなるため、空腹を感じやすい状態です。

空腹時に食事をすると一気に血糖値が上がるため、1日3食のみでは健康にも悪影響ということに着目したダイエット法です。

もやパンダ
こまめに食べるパラ。

スナッキングダイエットのやり方・方法

スマートスナッキングの方法は、いつも食べているおやつを身体に良いものに変更するだけ。

噛みごたえがあるものや、ドライフルーツ、アーモンド、ナッツ類がおすすめです。時間帯は15時〜16時、昼食と夕食の間に摂るのがベスト!

いくら食べてもよいというわけではありません。今まで食べていた3食分を5食に分けるのが重要で、1日の摂取カロリーは今までと変わらず、食事回数を増やすようにするのがポイントです。

3食から5食へ

摂取カロリーは普段と同じに

「間食をしてもいい」とはいえ、何を食べてもよいというわけではありません。食物繊維やタンパク質が豊富で、ビタミンやミネラル類が補給でき、噛み応えのある食品を選ぶとよいでしょう。

ナッツ類、ドライフルーツ、グラノーラ、ヨーグルトが間食には適しています。ナッツ類は余分な脂肪がつくのを抑えたり、燃焼しやすくさせたりする成分や、血液をサラサラにする効果があります。

ドライフルーツは、カルシウムやミネラル、鉄分が多く、美肌効果やダイエットに効果的で、グラノーラは食物繊維が豊富です。

まとめ カロリーはそのまま分食をして痩せる


スナッキングダイエットは、間食をして痩せるダイエットの方法だったパラ。
1日の摂取量を守るパラ。1日に5回に食事を増やすとお腹が空くことを和らげて食べられないストレスから開放されるパラ。


明日から試して見ましょう。


満腹感になるには、よく噛んで脳にある満腹中枢や摂食中枢を刺激することが大切~♪

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。 これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1つに「血液型」 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? スーパー ...

3

脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があります。その違いはあるのでしょうか? 細胞を活性化させると痩せるらしいパラ。 痩せるために重要な脂肪だけど、そもそもダイエットを行う上で脂肪自体を知 ...

-痩せる食べ物

Copyright© もやパンダのダイエット・健康 , 2018 All Rights Reserved.