気になるキーワードを検索

健康維持の方法

良質な睡眠は朝の味噌汁が効果的!

更新日:

夜にぐっすり寝られるようにするには、運動を行い日々の食生活を整えることが大切だ。しかし朝にあるものを摂取するだけで夜の眠りがよくなり、気分良く目を覚ますことが出来る。

コーヒーにはカフェインが入っているため目を覚ます効果がある。寝る前に飲むと目が冴えてしまうのだ。

しかし、リラックス効果もあるためその人の体質で得られる効果が変わる。そこで「味噌汁」の出番だ。

良質の眠りは朝の味噌汁

味噌汁にはたくさんの大豆が含まれているのだが、睡眠の質に大きな役割を果たしている。

大豆の約30%はたんぱく質で構成されているのだが、この大豆たんぱく質は、必須アミノ酸がバランスよく含まれている。

大豆たんぱく質

大豆たんぱく質には、血中コレステロールの低下、肥満の改善などの効果があると言われている。

味噌汁に含まれるトリプトファン

味噌汁に含まている大豆が睡眠に大きな影響を与える。大豆を摂ることで、イアシン、ビタミンB1・C、そして、トリプトファンを取り入れることができる。このトリプトファンが重要な鍵を握る。

トリプトファンは、脳に運ばれて精神を安定させるセロトニンを生成する作用がある。

そして、睡眠ホルモンと言われるメラトニンの原料になる。メラトニンは、自然な生活サイクルと不眠症の改善には欠かせない睡眠ホルモンだ。

メラトニンが分泌されると、体温、脈拍、血圧を下げて眠気を誘発。そして、朝に日光を浴びることで体内時計がリセット。この時計信号でメラトニンの分泌が止まる。

朝に味噌汁を食べる理由

注意することがある。メラトニンは目覚めてから14〜16時間ほどを経過すると体内時計からの指令が出て再び分泌される。

少しずつメラトニンの分泌が増えて、深部体温が低下。体が休みモードに変わると眠気を感じるようになる。

要するに、トリプトファンを多く含む食べ物をとることで、メラトニンの素となるセロトニンを増やすことができ、夜に寝付きがよくなる仕組みだ。

まとめ トリプトファンで寝つきをよくする

味噌汁に含まれるトリプトファンを摂取するとよい。メラトニンを生成してセロトニンを増やすまでに15時間くらいかかる。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.