エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

痩せる脳ダイエット法で理想的な効果とは

シェアする

「ダイエットを始めたけど、結局うまくいかず挫折」、「少し痩せる事が出来たけど、痩せて安心したらまた太っちゃった」思うように行かず、ダイエットに失敗してしまう人も少なくないと思います。この失敗の原因は、「脳」が原因かもしれません。

スポンサード リンク

痩せる脳にしたらダイエットに成功する

MP1脳を痩せる脳にするとダイエットに成功するパラ?

MPHRK5脳は身体を動かす言わば、司令塔よ。この他にも本能と理性のバランスを保つ役割もしているの。“アレもコレもソレもドレも”。日々過ごしているとあらゆる情報が入ってくるわね。この情報処理を行う理性がパンク状態になると余裕がなくなり、脳は過剰にストレスを受けてしまうことになるわ。

そこで脳は、ストレスを緩和しようと過剰な防衛反応をして食の要求を増やしてしまうの。通常の食以上に食べてしまうことになって、いわゆる“やけ食い”になるわ。これが「太る脳」の状態。普段、「お腹がすいた」、「お腹がいっぱい」と言うけど、空腹と満腹を決めているのは、実はお腹じゃなくて食欲をコントロールしている脳にあるの。

空腹満腹のスイッチは脳の判断!

MPHRK4食欲のスイッチがある場所は、大脳の中の「視床下部」と呼ばれる部分。やせ脳にすることでダイエットの成功に繋がるわ!痩せ脳にするには、本能に忠実に従って見ることも大事。細かいことは気にせず、好きなものは遠慮せず食べる。本能がストレスを感じないようにすることが大切よ!

MPHRK1「おいしいお菓子があるけど、太るからやめよう・・・」この場合、本能は食べたいと思っているのに、理性がストップをかけているわね。本能にストレスを与えている状態なの。

食べられないストレスは、リバウンドに繋がる恐れもあるから本能を開放することで、ストレスがなくなり自然と暴飲暴食もなくなることが期待されるわ。これまでダイエットで“制御”をしてしまい失敗していた人は、“開放”するダイエット法にかえてみると案外スムーズに成功するかもしれないわよ。でも食べすぎには注意。

MP9量そのものを増やさないで種類の質を増やしてみるといいかもしれないパラ。量を増やすとその分、消費する量も多くしなければいけないパラ。これまで食べることを避けてきた食品を食べられるようにして、食べる種類を増やしながらストレスを緩和してみるパラ。