年をとっても肌が綺麗になる食べ物

健康維持の方法
スポンサード リンク

世の中には年齢に相応しない肌ツヤが良い人がいる。しかしその反面、年齢以上に肌ツヤがあまり良くない人もいる。

エステもよいのだが、肌ツヤを左右するのは「おでん」でお馴染みの「あの食材」を積極的に食べているかどうかで、大きなポイントになることが判明している。

肌ツヤが良い人と悪い人の差はあの食材が鍵だった!?

肌のくすみを解消する最強食材を見ていこう。

60歳を超えても肌つやがいい人と悪い人の差

そもそも肌つやが良い状態とは、光を肌が綺麗に反射している状態だ。肌が光を反射することで肌が綺麗に見える。

肌には皮丘と呼ばれるものがあり、肌つやが良い人は整っているのだが、その一方で肌ツヤが良くない人は三角形の皮丘が崩れている。


(出典:mediplus-orders.jp)

皮丘を整えるのに非常に重要なことは、水分量が適度にあることだ。肌の水分量を保つために水を飲むことは重要なのだが、肌の中に閉じ込めることが大切だ。日頃の食材から取り入れよう。

とんかつで皮丘を改善し、肌を綺麗に保つ

豚肉には、肌に良いビタミンB1が豊富だ。とんかつは揚げ物になるため水分を閉じ込めることが出来る。

男性はある程度の脂が年をとってもある。一方の女性は年々と男性よりも脂が減少する。

脂は肌の水分を閉じ込める効果があるため、ある程度の脂を取り入れることは美肌になる上で大切なことだ。

こんにゃく芋で皮丘を改善し、肌を綺麗に保つ

こんにゃくを食べると肌の水分を保つことができる。こんにゃくに含まれるグルコシルセラミドが、肌の水分量に大切なセラミドの原料になる。

セラミドは水分をゼリーのように固める性質がある。こんにゃく粉よりもこんにゃく芋の方が効果的だ。1日1枚食べるとよい。

コンカツの作り方レシピ

メモ

A
こんにゃくにコンソメスープで下味をつける

B
こんにゃくに小麦粉・溶き卵・パン粉をまぶして揚げる

C
きつね色になったら完成

こんにゃく芋唐揚げの作り方レシピ

メモ

A
一口大のこんにゃく芋に、にんにく醬油で下味をつける

B
小麦粉と片栗粉をまぶして揚げる

 まとめ 美味しく綺麗になる

美味しく食べながら綺麗な肌にすることができる。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり