シミが出来る原因とAGEを溜めない方法

スポンサード リンク

多くの女性が悩んでいるシミやシワ。そもそもシミはなぜできるのでしょうか?どのくらいの期間でできるのでしょうか?

もやパンダ
もやパンダ

夏に受けた肌のダメージは今のうちに最小限に抑えておくパラ。

そもそも、シミの原因物質は、「AGE」や「メラニン色素」。肌のアフターケアによい食材や最適な調理法があるので見てみましょう。

肌のシミとシワ対策、シミが出来る原因

シミができやすい人と出来にくい人の違いとは?実は体内の”ある物質”が多いとシミができやすくなります。

久留米大学医学部教授、山岸昌一先生によると、紫外線を浴びてシミが作られるまで約1ヶ月かかると言います。7月8月にダメージを受けた肌は9月以降に表面化していくことになります。

そもそもシミができるメカニズムは、太陽の強い紫外線を浴びると、肌が防御反応を出します。

それが「メラニン色素」

メラニン色素は通常、肌を守る大切なものですが、紫外線が弱くなっても効果を持続してしまうことがあります。すると、そのままシミとして残ってしまうのです。その誤作動を起こしてしまう物質が最新の研究で判明しました。

簡単にいうと「パンの焦げ」

この変化は、メイラード反応と言い、加熱で色が変わる反応を指します。体内でメイラード反応が起こり、シミや老化の現象を引き起こしていると考えられています。

体内にある「AGE」という物質がメイラード反応と同じ作用を引き起こし、シミができやすくなります。

つまり、AGEを体内に溜まらないようにするとシミのリスクを下げることができるということになります。

もやパンダ
もやパンダ

AGEをためないようにするパラ・・・。

AGEを溜めない方法

コラーゲン(タンパク質)に糖がこびりつくと、AGEに変わってしまいます。身体の中にAGEが多いと、弱い紫外線でもメラニン色素を出すように指令を出してしまうのです。

AGEを食べ物から摂り過ぎないことが大切です。特にお肉にはAGEが含まれているので注意が必要です。

食べ物別 AGEの多さ

 

サラダ
少ない

トースト
少し少ない

焼き魚
多い

ステーキ
とても多い

 

AGEの量を決めているのは脂っぽさだけではありません。

一工夫をすることでお肉も問題なく食べることが出来ます。その一工夫とは、ゆで&蒸し料理は揚げた時と比べて、AGEが10分の1になること。

調理法で変わるAGE量は、バンバンジーが「1」だとすると、焼き鳥は「5」になり、唐揚げは「10」です。

ただ、唐揚げなどの揚げ物のAGEを下げる一工夫もあります。それは、酢やレモンで下ごしらえしから調理するとAGEが増えるのを抑えることが出来ます。

まとめ AGEが減るとメラニン色素が暴走しない

もやパンダ
もやパンダ

AGEを増やさないことで、紫外線のメラニン色素が暴走するのを防ぐことができるパラ。