冷え性はため息で改善する驚きの理由とは

健康維持の方法
スポンサード リンク

末端部分の冷え性に苦しむ人はたくさんいる。手足が冷えると夜も寝付けない。温かい飲み物を飲んだり、ヒーターで手足を温めたりするのだが不十分。末端部分を温かくする方法とは?

ヒーターなどで手を温めることは一時的に手の体温を上げることができる。しかし、この方法は冷え性を改善する根本的な解決にはならない。

末端部分が冷え性になる人は血流が悪化しているため、血流をうまく流してあげると手足を温かくすることができる。

末端部分を暖かくする ため息で血流アップ!冷え性改善

末端部分を暖かくする方法は簡単だ。ため息をつくだけ

指先の血流がよくなり、冷え性の改善に期待ができる。ため息のように深く長い息を吐き出すと、身体がリラックスをして自律神経が血行をよくするように働くことがわかっているのだ。

わずか3秒で指先まで血液が流れて保温効果をもたらすことができる

ため息と自律神経の関係

自律神経は、人が無意識にコントロールをしている神経を指す。これには大きく交感神経と副交感神経がある。

交感神経が優位になると血管が収縮し、血行が悪くなるため冷え性になる。

そこでため息をすることで身体がリラックスし、副交感神経が優位になり血管が緩むのだ。その結果、血の巡りがよくなり冷え性の改善につながる。

まとめ 簡単に保温効果を高める

ため息ではなくても、深呼吸でも効果はあるので試してみよう。身体をリラックスさせて血液を手足の先まで流すことが大切だ。ため息をするだけで冷え性が改善する。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり