自己催眠ダイエットのかけ方と潜在意識を引き出す方法

ダイエット
スポンサード リンク

ダイエットに成功する人もいれば失敗する人もいる。どちらかといえば失敗する人のほうが多い。失敗した人はどういう気持ちになるのだろうか?

「辛い・・・」

「わたしはダイエットにむかない」

ダイエットは嫌なものだと認識してしまう。ダイエットに成功するためには意識を変える必要がある。なぜ失敗してしまったのか?そこを考える必要があるのだ。そしてもう一つの方法。

催眠術だ。

人の心を動かす方法に催眠術がある。そして自分の心を動かす自己催眠術もある。自己催眠術ダイエットが話題を集めている。いったいどういうものなのだろうか?

自己催眠ダイエットとは

絶対に痩せる!

絶対に痩せる・・・

わたしの体重は

だんだんと減っていく

その減った体重を見ると

それが喜びになる

嬉しい

嬉しい

自分で催眠術をかけて痩せる方法だ。寝る前や一度起きた後に2度寝をする瞬間を思い出して欲しい。とっても気持ち良い心地が良い感覚に包まれるはずだ。

意識が遠くにいく感じ、夢の扉を開く感じ、ウトウト・・・。

これは催眠術にかかっている状態と似たような感覚だと言われている。そのため催眠術は特別な人しかかからないわけではない。どこかで疑う気持ちがあるためかかりにくくなっているのだ。

もちろん何かしらに疑う気持ちは非常に大切だ。詐欺が多発している現在では自分を守るためにも「疑いの目」が重要になる。

しかしこの催眠ダイエットではその疑いが足を引っ張ってしまう。一度頭を楽にしてみよう。ウトウト・・・ウトウト・・・

そう、いい感じだ。

全身の力を抜いていく。深く深呼吸をしよう。焦らなくていい。ゆっくりとゆっくりと全身の力を抜いていく。

痩せるつもりはあるのだが気が付くと食べているその現状。ダイエットでは余計なものを食べないことが大切だ。わかっている。わかっているけどやめられない。その誰しも持つ弱い心に打ち勝つために自己催眠でダイエットをおこなう。

自己催眠ダイエット方法は、心に栄養とご褒美を与えてダイエットを成功させようという方法だ。つまり、ダイエットの成功後を思い浮かべて実際の成功に導いていく

脂肪が邪魔で着れなかった服が痩せたら着れる

服にはサイズがある。若い頃は痩せていたお気に入りのあの服。しかしいつの間にか着れなくなってしまった。

原因は脂肪だ。

ダイエットに成功したらまた着ることができる!洋服を着るまではダイエットを諦めない。痩せたら絶対に着れる。

痩せたらイケメン彼氏・美女彼女ができる

太っているときには自分に自信が持てなかった。何をするにもうつむきがち。周りの人たちは自分に自信がありそう。なんで私だけ・・・。

痩せればよいのだ。

美スタイルになると自分に自信が持てる。自分に自信があると他の人から見てもその人のことを魅力的に感じるものだ。

自信がなかったときの理想像以上の相手が見つかるかもしれない。痩せてからイケメンや美女を探せばよい。

まずは自分が痩せることが重要だ。痩せる前に理想の人物像をセットしてしまうとそこから伸びることはない。理想は高くもったほうが良い結果をうむ。痩せたという努力が自信にかわるのだ。

お腹がいっぱいでもう何も入らない

言霊を知っているのだろうか?言葉には霊が宿ると言われている。地獄先生「ぬ~べ~」でも言霊が取り上げられた。石に「動け!」というと石が動くのだ。昔の人はこうしてピラミッドなどを造っていたそうだ。

ほんとだろうか!?

今そんなことは重要ではない。しかしその言葉を発すると無意識のうちにその言葉通りの行動をしていることがある。

例えばお腹が空いているときに「お腹いっぱい」と口にするとよい。不思議と空腹感が和らぐのだ。逆にお腹が空いたときに「お腹が空いた」と思うとさらにお腹が空いてしまう。

脳が欲求を感じ始め、口が言葉にして発することで脳に断定をさせてしまうのだろう。脳を混乱させてあげるとよい。

脳「お腹空いてきたな」

口「満腹だ。もう入らない!」

脳「!?!?!?!?!?!?」

脳がプチパニックを起こしている間は時間稼ぎができる。一例をあげたのだが、自分の痩せた後をイメージして強く催眠をかけていくのだ。

自己暗示をかけて感情をコントロールする

自己催眠は自分に暗示をかける。そして脳を錯覚させるものだ。実は一流のアスリートや第一線で活躍している多くの人が実践している手法でもある。

フィギュアスケートの羽生結弦選手もそうだ。本番前には気分を盛り上げる音楽を聴く。この音楽催眠により自らの感情を高めながら潜在能力を引き出す。

では、どのようにして効果的に暗示をかけるとよいのだろうか?

効果的に催眠をかけるには、アロマなどを焚いて最大限にリラックスをしたときにおこなうとよい。次の動画を参考にするやり方もある。

催眠術は入り込める人と入り込みづらい人で個人差がどうしても出てしまう。1度の催眠で大きな効果を感じる人もいれば、全く効果が出ない人もいる。

人の感情は単純であり、脳は複雑なのだ。

自己催眠ダイエットで必ず痩せる重要な方法は、催眠状態をつくりその姿をイメージしながら日常を意識すること。信じることが重要だ。

メモ

・催眠にかかりやすい空間をつくる

・痩せた後をイメージした日常を意識する

・信じること

催眠は心をオープンにすることが重要だ。自己否定をしながらダイエットを行っても痩せることは難しい。痩せた後の自分の姿を明るくイメージすることで脳がやる気になる。

潜在意識が握る催眠の世界

人は意識できる部分の顕在意識と、無意識の部分の潜在意識である2種類が存在する。人の意識の9割は潜在意識がしめているのだが、自分が意識できる部分は1割ほどしかないと言われている。

つまり、無意識のうちに人の頭の中にある9割の意識の中で何かしらの外的要因によって身体が動かされているということだ。

国民をいつの間にかコントロールし、政治的思考を植え込むプロパガンダなどがまさしくそれだ。常に多くの情報を持ちながら、その左右賛否の情報を見比べて自分で最終的な判断を下すことが大切なのだ。

ようするに自分で意識してダイエットをやろうと思っていても、潜在意識が「ダイエットをやりたくない」と思っていれば潜在意識の考えが強く働くため、ダイエットを挫折してしまうということ。

自己催眠ダイエットでは、潜在意識に対して働きかけることが大切だ。割合の多い潜在意識を刺激することで「ダイエットをやりたい」と思わせることが重要になる。

催眠ダイエットで気を付けること

催眠術全般にいれることなのだが、催眠ダイエットには注意点がある。催眠にかかりやすい人は特に注意が必要だ。

催眠術は脳をコントロールすること。

これがどれほど危険なことなのかわかるだろうか?いわゆる洗脳に近いことをおこなう。「痩せる」ことだけに喜びを感じてしまうと人が次に起こす行動は想像がつく。

「もっと痩せたい」

こう思う人が大半になるはずだ。痩せることで喜びと気持ちよさを感じてダイエットに挑んできた。それをダイエットが終わったからといって突然遮断されるのは逆にストレスを受けてしまう。

それを避けるために「もっと痩せたい」と感じるようになる。しかしこれは危険だ。痩せているのに痩せるとどうなるのだろうか?拒食症に陥ってしまい生命の危険につながる

完全に入り込むことで催眠術にかかるのだが、そこから抜け出すのが困難になってしまう。催眠を抜け出すための催眠術が必要になる。意識が入り込みすぎる人や人を全く疑わない素直な人はほどほどにしておいたほうがよいダイエット方法でもある。

まとめ 催眠ダイエットは自分をコントロールする

催眠術は多くの人が憧れているパワーになる。催眠術であの人を思うように動かせたら?しかしそれはときにして危険なことを生む場合もある。

催眠にかかりやすい部屋と理性を維持している部屋を頭の中で作り出すことができれば安心だ。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
ダイエット
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり