エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

桜井智野風のらくらくジョギング法でダイエットのやり方「林修の今でしょ!講座」

シェアする

Sakurai Satoshino wind jogging

ダイエットに興味があって、ジョギング好きや、ウォーキングや散歩が趣味の方必見!正しいジョギングの方法として、「林修の今でしょ!講座」(5月10日)で解説されました。ダイエットに最も効果が出る正しいジョギング法を解説しましたが、走らなくたって良いんです。スピードや正しいフォーム、疲れを残さないケア術が重要なのです。

スポンサード リンク

桜井智野風の痩せるジョギング学

@MP11桐蔭横浜大学スポーツ健康政策学部教授の桜井智野風さんがダイエットに効果的なジョギングのやり方を伝授したパラ。

@MPHRK5ジョギングはウォーキングと違って走ることになるから、長く走り続けることになるけど、これがなかなかうまくいかずに疲れてしまって歩いてしまうことも多いの。そんなときには「らくらくジョギング法」がいいみたい。どのようなものなのか見てみましょう。

ジョギング

◎腕は後ろに大きく振る走り方

ジョギングはもちろん、歩く時でもダイエット効果がアップする走り方!それは、「腕は後ろに大きく振る」こと。身体の筋肉は様々なところに繋がっているため、腕を後ろに振ると身体の筋肉全体が動かされて鍛えることができます。特に背中、お尻、足を中心に鍛えることができます。このように走ることで身体全体を使い消費カロリーが大幅に増加!ダイエットに期待できます。

また、手は軽く握るようにしましょう。ギューっと握ると全身を振りづらくなります。腰痛や肩こりの健康効果にも期待できます。ちなみに、もも上げジョギングはあまり効果がないようです。

食事のタイミング

効果的に痩せる食事のタイミングは、ジョギングをする前に食事を食べること。脂肪は糖質があることで初めて燃焼させることができます。

空腹時は身体の中の糖質が少なくなっているため、脂肪がうまく燃えません。食事の前にジョギングを済ませると効果的に脂肪を燃やすことができます。バナナは糖質に変換する速度が速いのでジョギング後はバナナを食べるとよいでしょう。

また、ジョギングをする前に大量のエネルギーを使用する筋トレを行うと、脂肪が燃焼される準備が完了するため効率よく脂肪を落とすことが可能です。

◎筋トレのやり方

1・・・大きく足を開き、つま先を外にしてしゃがみましょう。

この筋トレにより、太もも、お尻の筋肉が動かされて股関節まわりを良く動かし、鍛えることができます。そしてジョギング前の準備運動にもなります。

脂肪が燃えやすい時間

ジョギングは走る時間を間違えると脂肪はほとんど燃えない!休憩をはさんでも脂肪は燃え続けているため、休憩を1回挟んで30分走ると効果的に脂肪を燃焼させることができます。

「15分ジョギング→休憩→15分ジョギング」の運動でもダイエット効果は走り続けた場合と変わらないのです。トータル走行は30分ぐらいにしましょう。

@MP9水の摂り方にも注意が必要パラ。水だけを摂ると身体の塩分が足りなくなるパラ。

@MPHRK2身体から汗が出て塩分が排出されると脳の命令ができなくなってしまうから、頭痛や吐き気、そして痙攣が起きてしまうの。運動中の水分補給で水だけは危険よ。5度くらいの冷たいスポーツドリンクを飲むように心がけましょう。