気になるキーワードを検索

健康維持の方法

旅館に饅頭と緑茶がある大切な意味とは

更新日:

日頃の疲れを癒やすために旅館に泊まる場合、温泉に入る。その旅館の客室には「まんじゅう」が置かれていることがあるのだが、どのような意味があるのだろうか?

旅館のおまんじゅうは、お風呂の前に食べるとよいのだ。

旅館のまんじゅうで美肌効果!

旅館に置いてある茶菓子のまんじゅうは、入浴後に食べても意味がない。温泉旅行に行くと長風呂で気分が悪くなる人がいる。その湯あたりを予防する効果が饅頭にはあるのだ。

まんじゅうの湯あたり効果

湯あたりの原因の1つが低血糖になる。低血糖の予防として、お茶菓子が非常に有効だ。入浴で代謝が上がると、血糖値が下がる。

空腹状態で30分間入浴をすると、12人中8人の血糖値が下がることが判明している。

そこで糖分を摂取することで30分後に入浴をすると血糖値があがるため、湯あたり防止になる。

緑茶の美容効果

まんじゅうと共に緑茶が置いてあるのだが、緑茶を飲んでから温泉に入ると美肌効果が高まり、緑茶に含まれているカテキンには老化を抑える抗酸化作用がある。

緑茶を入浴30分前に飲むことで、入浴後に飲むのと比べると、7倍の美容効果になる。温泉以外にも自宅のお風呂でも同じ効果を得ることができる。

まとめ 饅頭と緑茶には意味がある

おまんじゅうと緑茶を摂取して美容を美味しく楽しむことができる。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.