「リンス・コンディショナー・トリートメント」の違いと使い方

スポンサード リンク

男性よりも女性によく使われている「リンス」と「コンディショナー」、このようにシャンプー以外にもいくつかの種類がありますが、違いの差はあるのでしょうか?

もやパンダ
もやパンダ

シャンプー終わってあとはリンスパラ。・・・コンディショナーパラ・・・?どっちを使えばいいパラ?

基本的にシャンプーを使用した後に使われるリンスとコンディショナーは、それぞれの特徴が違います。

リンスとコンディショナーの違い

シャンプー後に、リンスかコンディショナーをつけて仕上げると思いますが、どちらを使うとよいのでしょうか?

リンスは髪の表面を保護

外部の刺激から髪を守るために「キューティクル」というものがあります。

キューティクルが破損すると、髪が痛みやすくなり、抜け毛や薄毛などの原因にもなります。リンスをすることでキューティクルを外部の刺激から傷つけないように保護することができます。

また、リンスをすることで髪に油分を補い、それと同時に髪の水分が蒸発するのを抑えることも可能です。

よって、リンスは髪のきしみを防ぎ、手触りを良くしてくれます。

コンディショナーはリンスよりも効果が強い

昔のシャンプーは石けん系のモノが主流でした。このため髪の毛はキシミやパサつき、静電気が起こりやすい状態にあったため髪が痛み放題だったのです。

そこで、それを抑えるためにリンスが使われ始めました。

しかし、最近ではシャンプー自体にキシミやパサつきを抑える成分が含まれるようになったので、リンス自体を使用する人は以前に比べて少なくなりました。

そこに登場したのが「コンディショナー」です。

コンディショナーは、リンスと役割はほぼ同じです。しかし、より髪の毛の表面を整える力や保湿効果を高めたものになります

リンスのように髪の表面を保護しつつも、それにプラスして洗い上がりの髪にしなやかさやコシを加える効果などをが配合されたワンランク上の美容液になります。

もやパンダ
もやパンダ

コンディショナーは髪をきれいにするパラ。

コンディショナーはリンスのワンランク上

リンスとの大きな違いは、名前の通り髪のコンディションを整えてくれること。コンディショナーはしなやかさやコシ、指通りといったリンスにはないワンランク上の効果をもたらしてくれます。

トリートメントは修復

髪を保護するものとして「トリートメント」もあります。

トリートメントは、髪表面の状態を整え、髪に栄養や油分を補い、ダメージをケアしながら本来の健康な髪に修復するためのもの。

表面が傷んで内部のタンパク質が溶け出し、スカスカの状態になった髪に元気を与える成分をしみ込ませることにより、内側から髪を回復させるのがトリートメントの役割です。

髪の内部までタンパク質成分を浸透させることが必要なので、10分程度時間を置くことになります。

 

リンスは髪がしっとり潤い、髪を柔らかな手触りに仕上げる成分が含まれています。

コンディショナーには植物油を使用しているものが多く、髪の乾燥を防ぐ為に保湿性が高い傾向にあり、髪がしっとり潤う働きがある成分が配合されているのが特徴です。

トリートメントには、傷んだ髪やダメージを受けた髪を修復し、髪に栄養を与える成分が配合されているのが特徴です。

 

まとめ リンスやコンディショナーをする時の注意点もある

注意することがあります。シャンプーは頭皮の脂分や汚れをとるために、髪と毛穴の両方を洗うようにするものですが、毛穴からは毎日必要なだけ脂分が出ています。

これに加えてリンスやトリートメントの油分が付着したら、頭皮と脂分のバランスは崩れてしまい、過剰に脂が出たり、頭皮の臭いにつながる恐れがあります。

リンス、コンディショナー、トリートメントは根元にはなるべくつけず中間~毛先を中心につけるようにしましょう。

もやパンダ
もやパンダ

髪に受けたダメージはトリートメントを使うパラ。外見を美しくするにはリンスやコンディショナーを使うパラ。