米油とは?動脈硬化予防の効能と使い方

スポンサード リンク

人から恐れられている怖い病気である「心筋梗塞」と「脳卒中」は突然死を引き起こします。その原因とされているのが「動脈硬化」。

血液がうまく移動をしないために血流がストップしてしまうのです。突然死を回避するには、いかにして血液の流れをスムーズにするかがポイントですが、医学界でも注目されているがあります。

もやパンダ
もやパンダ

脳卒中パラ・・・。心筋梗塞パラ・・・。急に死んでしまう恐ろしい病気パラ。防ぐ方法はあるパラ?

どちらも動脈硬化が関係しています。動脈硬化の患者は日本全体でおおよそ1300万人以上もいますが、これは病気で亡くなる人の30%を占めているので他人事ではありません。

動脈硬化とは

そもそも動脈硬化は具体的にどういうことなのでしょうか?動脈は、酸素や栄養成分を身体の隅々まで運ぶ重要な器官になります。

動脈硬化は、動脈の間にコレステロールが塞がったり動かなくなったりして血の流れが崩れる病気です。動脈が詰まってしまうと脳梗塞や心筋梗塞などの突然死を引き起こす原因に繋がります。

もやパンダ
もやパンダ

血が止まるパラ。動脈硬化はこわい病気パラ。

米油で動脈硬化を防ぐ

でも大丈夫!怖がってばかりいられません!

運動や食生活など普段の生活で血液をスムーズに流れるようにしてあげると、動脈硬化になるリスクをグンと下げることができます。

そこで医学界で注目されている米油を使うのも効果的!

米油は、米糠から抽出される植物油で、日本では主食である米を原料にしているためほとんどの原料を国産で構成できる唯一の植物油になります。

ビタミンEが豊富に含まれ美容にも最適♪

ビタミンEには、抗酸化作用、血行促進や老化防止、新陳代謝の促進などの効能があり、更年期障害胃腸神経症の改善にも効果があるため『子宝ビタミン』とも呼ばれています。

 

ビタミンEの効果

抗酸化作用

血行促進

老化防止

新陳代謝の促進

更年期障害の抑制

胃腸神経症の予防

 

米油に含まれる美肌効果のトコトリエノール

米油には40~50倍とも言われる抗酸化作用のトコトリエノール(スーパービタミンE)が多く含まれています。これを肌に直接塗ることでメラニンの生成排出を助け、シミを抑制する働きがあります。

動脈硬化を抑制する米油のガンマオリザノール

米油に含まれる動脈硬化を防ぐ成分はガンマオリザノール。コメ胚芽や米糠を搾って作る「米油」に含まれるポリフェノールの一種になります。

血行を良くし、コレステロールの吸収を抑える効果や更年期障害、脳機能の低下防止に作用するため、医薬品としても使われています。

もやパンダ
もやパンダ

ガンマオリザノールが血の流れをよくするパラ。

米油の摂取量はどのくらい?

では、どのくらいの米油を摂取するとよいのでしょうか?米油はスプーン1杯(15g)ほどでOK!1日の摂り込む分量70%も摂ることが可能です。身体の負担も少なく嬉しいメリットです。

TSUNO こめ油 1500g

TSUNO こめ油 1500g

780円(09/23 11:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

まとめ 米油は日本の身体に合った動脈硬化予防

米油に含まれるガンマオリザノールとトコトリエノール(スーパービタミンE)が身体を健康にしてくれます。

もやパンダ
もやパンダ

サラダにかけるなどして料理に使ってみるといいパラ~♪