気になるキーワードを検索

健康維持の方法

米油とは?動脈硬化予防の効能と使い方

更新日:

人から恐れられている怖い病気である「心筋梗塞」と「脳卒中」は突然死を引き起こす。恐ろしい「死」を引き起こしているその原因とされているのが「動脈硬化」だ。

血液がうまく移動しないために、ある箇所で血流がストップしてしまい突然死につながる。

突然死を回避するには、いかにして血液の流れをスムーズにするかがポイントなのだが、医学界で注目をされている「」がある。

動脈硬化の患者は日本全体でおおよそ1300万人以上もいるのだが、これは病気で亡くなる人の30%を占めている現実がある。他人事ではない。この「油」が救世主になるのだろうか?油の正体とは?

動脈硬化とは

そもそも動脈硬化は具体的にどういうことを指しているのだろうか?動脈は酸素や栄養成分を身体の隅々まで運ぶ重要な器官となる。

動脈硬化は、動脈の間にコレステロールが塞がったり動かなくなったりして血の流れが崩れる病気だ。

血液は酸素も運ぶ。臓器が活動するには酸素が必要となるため、動脈が詰まってしまうと脳梗塞や心筋梗塞などの突然死を引き起こす原因につながる。

米油で動脈硬化を防ぐ

しかし怖がってばかりはいられない。夜中に幽霊が突然姿を現し、押し入れの中に隠れて幽霊がいなくなるのを震えながら待つのとはわけが違う。動脈硬化は事前に対策ができるのだ。

運動や食生活など普段の生活で血液をスムーズに流れるようにしてあげると、動脈硬化になるリスクを大幅に下げることができる。

そこで医学界で注目されている「油」の出番だ。油には種類があるのだが、「米油」を使うと効果的となる。

米油とはなんだ?

説明しよう。米油は米糠から抽出される植物油のこと。日本では主食である米を原料にしているため、ほとんどの原料を国産で構成できる唯一の植物油となる。

ようするに、日本人の身体に合っている油なのだ。また、ビタミンEが豊富に含まれているのだが美容にも最適だ。

あら奥さん、最近肌がピチピチじゃない♪

最近気になるあの奥さんは米油を使っている可能性がある。

ビタミンEには、抗酸化作用、血行促進や老化防止、新陳代謝の促進などの効能があり、更年期障害や胃腸神経症の改善にも効果があるため「子宝ビタミン」とも呼ばれているのだ。

メモ

ビタミンEの効果

・抗酸化作用

・血行促進

・老化防止

・新陳代謝の促進

・更年期障害の抑制

・胃腸神経症の予防

米油に含まれる美肌効果のトコトリエノール

米油には40~50倍になる抗酸化作用「トコトリエノール(スーパービタミンE)」が多く含まれている。

「スーパー」と聞くだけでなんだかよくわからないが凄いことがわかる。

これを肌に直接塗ることでメラニンの生成排出を助け、シミを抑制する働きにつながる。

動脈硬化を抑制する米油のガンマオリザノール

米油に含まれる動脈硬化を防ぐ成分は「ガンマオリザノール」だ。コメ胚芽や米糠を搾って作る「米油」に含まれるポリフェノールの一種となる。

血行を良くし、コレステロールの吸収を抑える効果・更年期障害・脳機能の低下防止に作用するため、医薬品としても使われている。医師のお墨付きといったところだ。

米油の摂取量はどのくらい?

では、どのくらいの米油を摂取するとよいのか?ここが重要だ。病気の予防は基本的に毎日継続して続ける必要がある。途中で辞めるとこれまでの成果が振り出しに戻るためだ。

一度始めると「辞められない止まらないかっぱえびせん」のように続けることになるのだが、負担が大きいとめんどくさくなり辞めてしまう。

負担を軽くしてあげればよい。米油にはそれができる。

米油はスプーン1杯(15g)ほどでOKだ。わずかスプーン1杯で1日の摂り込む分量70%も摂ることが可能となる。身体の負担も少なく嬉しいメリットだ。

TSUNO こめ油 1500g

TSUNO こめ油 1500g

780円(11/14 06:34時点)
Amazonの情報を掲載しています

まとめ 米油は日本の身体に合った動脈硬化予防

米油に含まれるガンマオリザノールとトコトリエノール(スーパービタミンE)が身体を健康にしてくれる。そのまま飲む必要はない。サラダにかけるなどして料理に使う方法もある。

スポンサード リンク

-健康維持の方法

Copyright© メモのがたり , 2018 All Rights Reserved.