冷やしご飯ダイエット方法の痩せる効果と理由&注意点 - もやパンダのダイエット&健康

痩せる食べ物

冷やしご飯ダイエット方法の痩せる効果と理由&注意点

更新日:

日本人の主食であるご飯。炊きたてのご飯を一般的には食べますが、“冷ご飯”も好きな人がいます。この冷たいご飯がダイエットには効果があると言います。ハナタカになれるダイエット法とはどういうことなのでしょうか?

 

スポンサード リンク

冷ご飯でダイエットとは


ご飯は美味しいパラ。でも炭水化物が気になっておかわりできないパラ。

 


そんなときは、ご飯を冷やすとダイエット効果が出るの。

 


ご飯を冷やすとダイエット効果になるパラ?どういうことパラ?

 


温かいご飯が冷めると、レジスタントスターチという、消化・吸収されにくいデンプンが分泌されるの。理由と食べ方を見てみましょう。

 

レジスタントスターチ

デンプンのカロリー1g・4kcalに対して、レジスタントスターチは1g・2kcalに減少します。そして、冷たいご飯は吸収されにくいため、レジスタントスターチの多くは便と共に排出されます。

 

反面、温かいご飯の場合は体内に吸収されて脂肪になります。レジスタントスターチは、温かいごはんを冷ますことで現れる成分です。さらに消化されにくいため、満腹感が長時間保てる事になり暴飲暴食を防ぐ事が可能です。

 

冷ご飯ダイエットの食べ方

ご飯は温かい食べ物という“先入観”があるため、冷ご飯に慣れない人もいるかと思います。いきなり3食を冷ご飯にするのではなく、エネルギー消費量が少なくなる「夜」に冷たいご飯にするなどして精神的な負担を低減しましょう。

 

また、“おにぎり”を握っておいて食べたい時に食べれるようにしておけば、通常の温かいご飯よりも吸収がされにくくなるので“冷やしご飯ダイエット”を始めやすくなります。

 


冷やしたご飯だからこそ痩せられる成分が生まれるけど、気をつける注意点が次に挙げられるわ。

 

スポンサード リンク

冷やしご飯ダイエットの注意点

注意ポイント

◎急速に冷やすとレジスタントスターチはできにくい

◎冷凍状態はあまり効果が出ません

◎自然に冷えるまで待つことが大切

◎レンジなどで再加熱すると元の消化吸収されやすいデンプンの形に戻る

◎食べ過ぎは禁物!

 


自然にごはんを冷やして痩せるパラ。簡単なダイエット法でご飯が好きな人は取り入れてみるといいパラ。

スポンサード リンク

注目記事

1

ダイエット調査レポートが公開されました。それによると、ダイエットに効くと言われる食材を使っても効果は人それぞれ違います。   これは個人の体質が関係していることもありますが、その他の理由の1 ...

2

誰しも行く買い物先のスーパーマーケット。野菜や飲み物、お菓子や果物、文房具もあります。ダイエット中の場合、痩せる食材だけをそもそも買うことができたらダイエットの成功が近くなると思いませんか? &nbs ...

3

日本の代表的な料理で、世界中で愛されるお寿司ですが、ダイエット中には気をつけておきたい事があります。   ダイエット中にお寿司を食べる時の注意点 日本人だけにとどまらず世界中で愛されている日 ...

4

眠る方法に気をつけないと肥満につながるという事実が判明しました。一般的に、睡眠不足になると肥満につながり、肥満は睡眠時無呼吸症候群のリスクも高まるため、肥満と睡眠の密接な関係性はよく言われています。し ...

5

太りやし人もいれば、どんなに食べても太りにくい人もいます。その違いの差は「デブ菌」が原因かもしれません。デブ菌とはどのようなものなのでしょうか?また、ヤセ菌と呼ばれるダイエットには欠かせない菌がありま ...

-痩せる食べ物

Copyright© もやパンダのダイエット&健康 , 2018 All Rights Reserved.