ダイエットを遠回しに勧める傷つけない言い方

ダイエット
スポンサード リンク

何気ないその一言が相手を傷つけてしまうことはある。言葉は便利なのだが使い方を間違えると凶器にかわるのだ。

肥満体系の人に「太っている」とストレートに言うのはそれを売りにしている芸人でもない限り傷つけてしまうことがある。できるだけ言葉遣いには気を付けたいところだ。

肥満は多くの病気を呼び寄せる。相手のことを思っているからこそダイエットをして痩せて欲しい。でもストレートにいうと傷つけて嫌われるかもしれない。どうする?

遠回しにダイエットを勧める言い方

「太った?」

「痩せたほうがいいよ」

その一言がその人の人生を大きく変えるかもしれない。それがマイナスに動くのか?プラスに動くのかはその人の性格とタイミングによるため一概には言えないのだが、ドストレートに言われたことで心に傷を受ける人もいる。

「わかってるよ!わたしだって痩せたい!でも・・・痩せられないんじゃん!」

ストレートに言われたことをバネにして「いつか見返してやる!」とプラスに働く思考なら問題ない。痩せるモチベーションも維持しやすい。しかし、すでにダイエットに挑戦しているのに痩せられなかった人にとっては辛い一言になる。

例え「太っている」ことが事実だとしても耳には入れたくない受け入れ難い言葉なのだ。しかし脂肪は身体に負担をかける。病気にかかるリスクも増える。動脈硬化などから突然死も引き起こされやすいのだ。

健康でいて欲しいからこそ、肥満体質の人を痩せさせたいと感じている人は多いのではないだろうか?しかしここで問題になってくるのがどのようにしてそれを伝えればよいのか?ということだ。

ストレートにいうと傷つけてしまうかもしれない。そうなると「柔らかく遠回しにダイエットを勧める」ことが必要になる。

勘違いしないで欲しい。太ってる人から10mほど離れてヨガやブリッジ運動をしながら「痩せたほうがいい」と言えばよいわけではない。言葉の話だ。言い方を柔らかく遠回しに伝える。

近い人ほど言いづらくなるダイエットの勧め方。どのようにして伝えればよいのか見ていこう。

おしゃれ心を刺激

おしゃれさんには効果的な言い方がある。洋服をはじめ帽子やアクセサリーなどに興味がある人に対して試してみよう。

「この服ものすごく似合いそう♪」

ポイントは一回り小さく見える服を選ぶことだ。可愛い服、かっこいい服を勧めればその服に合う体型を目指しやすくなる。つまり肥満の人にとって痩せるための目標ができる。

服に合う身体にしようとするため自然とダイエットをはじめる可能性が高い。

過去の自分と比べる

昔の写真を見たときに今の姿と比べるとどう思うだろうか?痩せている人は「老けたなぁ」と感じることが多いだろう。しかし肥満の人は「昔は痩せてたなぁ」と思うはずだ。この心を利用する。

「昔の写真だけど、スタイルよかったんだね」

ナチュラルにさりげなく伝えてみよう。そこに写る人物はその人本人だ。過去に痩せていた自分を見せることで、太ってしまっても「痩せていたんだからもう一度あの体型になることができるはず」と思い込ませやすくなる。

モデル・女優・俳優を意識させる

美のプロフェッショナルで活躍するモデルや女優たちはみんなが一度は憧れる存在だ。

「あのモデルさんすごく綺麗」

「あの俳優さんかっこいい」

さりげなく言うのがポイントだ。スタイル抜群のモデルを意識させてライバル心を植え付ける。嫉妬心が高い人ほど効果が見込める。

「あのモデルには負けたくない!」

その心がダイエットへ向かわせる。そして自分の理想の体型を相手に伝えやすくなるメリットもある。ダイエットをする側もイメージをしやすくなるため目標が立てやすい。

ただし、あまり嫉妬させすぎるのには注意が必要だ。追い込みをかけるように「まだ痩せれないの?」というと確実にやる気をなくしてしまう。

「やばい!あのモデルさんを超えちゃうんじゃない?すごい!」

頑張っている姿を褒めてあげよう。モチベーションが続きやすくなる。愛情アピールは忘れずにおこなうとよい。

流行ダイエットで誘う

毎日のように様々なダイエット方法が生まれている。その多くの情報の中から流行になるダイエット方法が世間に出てくるのだが、このダイエット方法を話題にするとよい。

「今このダイエットが話題なんだって 痩せられるらしいよ わたしもしてみようかな」

好奇心を揺さぶっていく。いくつかダイエット法を用意して相手の反応を見ながら押し引きしよう。ダイエットに失敗した肥満体質の人ならダイエット方法には興味があるはずだ。

「自分も試してみるからやってみたら?」という同調性を誘う言い方もポイントになる。

一緒に運動する

一人ではなかなか運動をしない人も、相手がいるなら運動をしやすくなる。その人が運動が嫌いな場合は無理にジムなどに連れていくのではなく、軽い散歩からはじめるのがベストだ。

無理に追い詰めると一気にやる気をなくしてしまう。ダイエットはそもそも身体に負荷をかけていくものだ。身体にとって嫌なことをする。それに加えてすぐに辞めることができる環境でもあるため諦めてしまいやすい。

「汗をかくことは気持ちがいい」

動くことは気持ちが良いと思わせることが大切だ。運動はストレス発散の効果もある。くれぐれも自分ペースで運動をしないこと。相手のペースに合わせて無理をせずにダイエットをしていくことが重要だ。

まとめ 相手の心を動かす

ダイエットで成功する人よりも失敗する人のほうが多い。身体に負荷をかけるため楽な方に流れやすく挫折しやすいのだ。

無理をさせないことを前提にしてダイエットの世界に誘ってあげるとよい。愛情を込めて伝えると相手も気づいてくれやすくなる。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
ダイエット
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり