加圧トレーニングとは?メリットとデメリット

ダイエット
スポンサード リンク

加圧トレーニングを知っているだろうか?きゃりーぱみゅぱみゅなど芸能人も挑戦しているトレーニング方法になる。

文字通り「圧」を加えるやり方になるのだが、こうすることでどのようなメリットがあるのだろうか?反面、危険なことはないのだろうか?

加圧トレーニング方法とは?メリット

加圧トレーニングは適切に血流を制限した状態でおこなうトレーニング方法を指している。血の流れは重要だ。流れが悪いと動脈硬化を引き起こすきっかけになる。

加圧トレーニングをおこなうことで負荷が軽くても筋繊維の動員率を高めることができる。さらに血流を制限することで酸素不足が発生。

酸素不足?

そこが狙いなのだ。この一時的な酸素不足により血液中の乳酸濃度を急激に上昇させることができる。つまり筋肉がつきやすい状態になる。

加圧時に高まった乳酸が筋肉内にある受容体を刺激することで成長ホルモンの分泌を促進する。増加した成長ホルモンは体脂肪を燃焼させる効果のある遊離脂肪酸として血中に放出。

ようするに、通常の運動では深いところにある筋肉が目覚めるまで時間がかかる。

外側の筋肉が「おれ、なんか鍛えられてるんですけどー!」と筋トレをはじめたときに力がみなぎっている中、深くにある筋肉は「こっちは全然あったまらねー。その気になるまで寝かせてくれ zzZZZ・・・・」となるのだ。

筋肉を鍛えるにはこの時間差が問題になる。深くにある筋肉が起きるまで時間がかかるのは、筋肉がつくまでにも時間がかかってしまうことを意味する。

何かよい方法はないのだろうか?

そこで加圧だ。はじめからすぐに筋肉を活発化させる細工をしていれば、運動を始めることですぐに深い場所にある筋肉を刺激できるため、効率よく筋力アップを狙うことが可能になるのだ。

制限する場所は血流の動脈側だ。静脈側を強めに制限すると腕や脚に血液が多く滞留し、普段は使わない毛細血管にまで血液が流れるようになる。

専用の加圧器具を使用しながら、腕の付け根や脚の付け根部分に適切な圧を掛ける。専門のトレーナの指導のもとで、その人に合った目的のトレーニングを行っていくのだ。

では、なぜ加圧トレーニングが人気なのだろうか?

理由は簡単だ。少ない時間で極端な食事制限に縛られることなくメリハリボディが手に入るからだ。すぐに結果が欲しい多くの女性から支持をされている。芸能人は役柄や撮影などですぐに結果を出したい人も多い。

ダイエット効果

人間の身体を循環している血液は心臓から送り出されている。そして大動脈に入り全身に送られる。その後、全身を巡った血液は静脈に乗って心臓へと戻ってくる。

血液と一緒に老廃物や栄養もグルグルと身体中を回る。

加圧と除圧の繰り返しにより毛細血管の数が増えることで血行がよくなるため、冷え性の改善に効果があり、極限まで制限をかけた運動による筋肉の収縮で、エネルギーとして使われる糖質分解により乳酸が生成。

乳酸の発生量が増加して血液内の乳酸濃度が高まっていくと、脳内のホルモン分泌が増える。その結果、成長ホルモンやアドレナリンなどが活性化しやすくなるのだ。

成長ホルモンは非常に大切な物質だ。身体組成の様々な働きに効果的な影響を及ぼしている。その効果は次にあげられる。

メモ

・冷え性の改善

・若返り

・美肌

・身長が伸びやすい

・育毛

・老化防止

・肥満改善

・睡眠の質が向上

加圧トレーニングの危険性

血流を制限する方法だ。冷静になって考えてみよう。血の流れを抑制するのだ。その分、身体に大きな負担がかかる。危険はないのだろうか?実はデメリットも存在する。注意点を見ていこう。

デメリット

加圧トレーニングを行うときのデメリットがある。加圧トレーニングは血流をコントロールしておこなうトレーニング方法になる。

必ず資格や知識を持つ指導者の元でおこなうこと

これがこのトレーニング方法の絶対条件になる。生き物は進化を続けてきた。動物は生命を維持させるためにその中で自然と血流量が決まっている。これは進化で最適化された結果だ。

しかしそれに逆うのだ。

自己流で行うと非常に危険だ。身体の臓器は酸素を必要にしてる。血液の流れで酸素を全身に運ぶことができる。自己流で間違えたやり方をしていると大切な臓器に酸素が来なくなり取り返しのつかない事態になりかねない。

指導員がいないと危険だ。

適正な加圧よりも高い圧力を加えてしまったり、長時間のトレーニングを行ってしまうと、静脈血栓が発生したり、しびれ・皮下出血といった症状なども考えられる。

まとめ 専門トレーナーと一緒に鍛える加圧ダイエット

加圧トレーニングは、1回30~60分程度、週1~2回という短い時間でダイエットや美肌などを手にすることができる。指導員のもとで試してみるとよい。挫折したダイエットも成功できるかもしれない。

また、筋肉量が増加することで冷え性の改善にも期待ができ、基礎代謝が上がるため痩せやすい体質に変わることができる。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
ダイエット
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり