かゆい花粉皮膚炎の症状と対策方法(治し方)

健康維持の方法
スポンサード リンク

花粉が飛ぶ時期になると、目のかゆみや鼻水が止まらないなど多くの症状が現れる。

その中に、花粉皮膚炎と呼ばれるものが存在する。皮膚が花粉によってかゆくなるというものなのだが、症状と治し方・対策の方法とは?

花粉症は鼻水やくしゃみが止まらなくなったり、眼が痒くなったりする。毎年花粉が飛ぶ時期には苦しむ人が続出する辛い期間になるのだ。

女性がなりやすいかゆみが止まらない花粉皮膚炎とは?

花粉が原因で皮膚が痒くなることもある。花粉皮膚炎と呼ばれているものだ。

花粉皮膚炎の症状

花粉皮膚炎とは、花粉が皮膚に接触することで起きる皮膚炎「接触性皮膚炎」になる。アトピー性皮膚炎の30%程が、花粉が原因で皮膚の症状が悪化すると言われている。比較的荒れた皮膚に発症しやすい特徴がある。

これは、アトピ性皮膚炎の人ではなくても乾燥している肌で発症する。特に顔や荒れている眼のまわりに起きやすい。

症状としては、肌の乾燥、ほのかな赤み、かゆみが主になり、上まぶた、頬骨、あご、首など、露出が多い部分に発症しやすい傾向がある。

資生堂が敏感肌に関する調査を行った。

「敏感肌と花粉に関する意識調査」によると、肌トラブルの症状として最も回答が多かったのは、「春のかゆみ」。春にはかゆみが増すと感じている人が多いことが判明。

そして、かゆみを感じている人たちのうち、「花粉症である」と回答した人は41.5%になる。残り半数の人は花粉症を自覚せずに肌荒れの症状に悩んでいる可能性があったのだ。

肌は紫外線や外部のウイルスなどの攻撃から守るためにバリア機能が働いている。

花粉皮膚炎は肌のバリア機能が低下をしたことで、花粉やアレルゲンが皮膚に侵入するのを防げなくなることが原因で引き起こされる。

つまり、乾燥した状態の肌は肌表面の乱れや角層のめくれあがりなどで外からの刺激を受けやすくなっている状態だ。

メモ

花粉皮膚炎の簡易チェック

・目の周りが他の部分の肌色と異なる

・鼻の周りが他の部分の肌色と異なる

・首やあご付近が他の部分の肌色と異なる

・ニキビのような赤い湿疹が出ている

・マスクが肌と擦れる部分がヒリヒリして痛い

・白く粉吹きが見られる

メモ

花粉皮膚炎の症状が出やすい場所

・上まぶた

・涙丘付近

・頬骨

・あご

・首

花粉皮膚炎の対策

花粉性皮膚炎の原因は花粉になるため、花粉が接触しないように気をつけるとよい。マスクやメガネ、帽子で皮膚の露出を出来る限り抑えると効果的だ。そして、家の中に花粉を持ち込まないことが大切

花粉が落ちやすい素材の服を着るとよい。玄関前で花粉を払い落とす。

花粉皮膚炎の予防と治療方法

皮膚に花粉が付いた状態になると悪化をしてしまうため、家に帰ったらできるだけ早くシャワーを浴びる。また、洗濯物も部屋に干すようにするとよい。

花粉症を予防する食べ物

花粉症は食事で症状を予防したり和らげることが可能だ。

花粉症などのアレルギー性の病気は、高脂肪食、加工食品、添加物のとり過ぎなどが原因でもあると言われている。

花粉症によるかゆみの原因物質はヒスタミン。ヒスタミンが多く含まれる食品を控えることで花粉症のかゆみを抑えることができる。また、香辛料などの刺激物も控えることが望ましいとされている。

では、摂取をした方が良い食べ物はあるのだろうか?

それは、ビタミン類だ。ビタミンAは粘膜を保護する効果があり肌荒れを防ぐ。つまり、ターンオーバーを促してくれるのだ。ビタミンB群は代謝を向上する。ダイエットにもおすすめの成分になる。

また、ビタミンC・ビタミンEは抗酸化作用があるため肌を外部の攻撃から守り美肌にしてくれる。そして、ビタミンHはアレルギー症状の緩和にもよいとされている。

メモ

ビタミン豊富な食品

・大豆

・レンコン

・ヨーグルト

・キムチ

・青魚

・えごま油

など

まとめ 保湿が大切

花粉性皮膚炎は健康な皮膚だと発症しづらい。皮膚が乾燥しやすい人は花粉が飛ぶ時期にはとくに保湿を重点に、症状がひどいときには皮膚科にいくことが望ましい。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり