毒出しうがいの効果で歯周病・口臭を予防するやり方

健康維持の方法
スポンサード リンク

歯周病になりやすい人となりにくい人の違いの差とは?ベストセラー本を出した「毒出しうがい」の著者、照山裕子さんのやり方の方法とは?

なぜか大人になると虫歯が少なくなる。代わりに歯周病を患う人が増える。1日3回の「毒出しうがい」が歯周病を防ぐことができると話題だ。この方法なら糖尿病や認知症、肺炎や花粉症も予防改善できる。

歯周病を予防する「うがい」のやり方

毒出しうがいを考案したのは照山裕子さん。照山裕子さんは歯科医だ。、治療をした後や歯をみがいた後に患者さんに口をゆすいでもらう。

その時に水を含んだらすぐに吐き出す人や軽くゆすぐだけだったり、ごろごろうがいをした後にすぐに水を吐き出す人が多く、これだと口の中の汚れが全然落ちてないと警告している。

毒出しうがいの「毒」は、身体に悪さをする原因のプラークを指しており、歯垢の元になるバイキンや食べかすのこと。

毒出しうがいは、これらのバイキンや食べかすをしっかりと洗い流して口の中を清潔に保つうがいの方法になる。

「毒出しうがい」は口に含んだ水を、クチュクチュとできるだけ大きな音を立てながら、上の歯→下の歯→右の歯→左の歯に順番に10回ぶつけるだけ。詳しく見ていこう。

メモ

なるべく「早く!強く!」ぶつけること。ゆっくりだと、ばい菌や食べかすが落ちないことがある。

水だけうがい方法

30mlの水(水道水)を口に含む。女性は20mlぐらいの方がやりやすいかも知れない。

口を閉じて、口の中の水をまず上の歯に向けて「クチュクチュ」と大きな音を立てながら、強く!速く!10回ぶつけて吐き出す。同様に下の歯、右の歯、左の歯に向けて繰り返す。

水以外で、毒出しうがいに有効なものが緑茶だ。緑茶で毒出しうがいを行うと、抗菌作用により口の中のばい菌を減らす効果があるため効果倍増になる。

注意点

食後のコーヒーでうがいをすると、コーヒーの油脂が歯に付着をするため、細菌のエサになる。また、ジュースやビールなどでうがいしても、糖分が歯に付着してエサになるため注意が必要だ。

舌の位置

舌の位置は下の歯にあたるように置いておく。下の歯は、下の歯と下唇の間で水を強く早く動かすようにするのだが、舌の位置は上の歯の方においておくとよい。

まとめ 早いうごきでうがいをする

歯茎の傷から歯周病菌が侵入、全身をめぐると心筋梗塞などの原因につながる恐れがある。

歯周病は、細菌の感染によって引き起こされる炎症性の疾患だ。毒出しうがいを3回の食事の後にして口の毒を綺麗に出す。そして、顔の筋肉も使うため、ほうれい線の解消や小顔効果にも期待ができる。

毒出しうがいは歯周病の予防・改善や、糖尿病や動脈硬化、認知症など重篤な病気の予防にもつながることが期待されている。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり