PM2.5を防ぐ完全対応マスクの選び方

健康維持の方法
スポンサード リンク

数年前から突如聞かれだしたPM2.5は、生命の危険につながる恐ろしいものだ。普通のマスクではPM2.5には効果がまったくない。いったいどういうことなのだろうか?

PM2.5は大気汚染を引き起こす物質を指している。

PM2.5とは?命も脅かす恐怖

日本で高度成長期に大気汚染の問題が起きて問題化したことがある。このままではいけないと思い、皆が一緒になって頑張り空気を綺麗にすることが出来た。

ヘドロの川で魚たちも死んでしまったのだが、今では魚たちが暮らせる綺麗な川に戻すことが出来ている。今はこの問題を中国が抱えているのだ。

今の中国そしてインド、とくに人も車も多く集まる北京が大変なことになっている。昼間でも前が見えないくらいPM2.5が猛威をふるう。

この影響は日本でも深刻で、西日本を中心に中国から流れてきたPM2.5が日本列島を覆ってしまうほどだ。偏西風とジェット気流の条件によっては関東や東北まで飛散する。

PM2.5に効果的なマスクを見ていこう。

PM2.5とは

PM2.5とは、2.5μm(マイクロメートル)以下の物質のことで、自動車の排気ガスや工場の燃焼など、石油類で発生する。これはタバコの煙にも含まれていることを覚えておこう。

PM2.5は、呼吸器系の奥深くまで入り込み、健康に影響を及ぼす危険がある。症状としては、肺がん・ぜんそく・気管支炎があげられ、中国では死亡者を出している。

PM2.5の効果的なマスク選び

非常に微小の粒子状物質のPM2.5は、普通のマスクでは防ぐことが出来ない。

PM2.5の有害物質の内で、最も多いのはベンゾピレンという物質なのだが、ベンゾピレンは地球上で最も発がん性が高いと言われている恐ろしい物質だ。

そこで身近なマスクで防御対策をするのだが、2.5μmは、2.5mmの1000分の1のサイズを指す。

つまり、髪の毛の40分の1程度、スギ花粉の12分の1程度の小ささなので花粉用マスクではすり抜けてしまい、まったく役に立たない

マグロ用の網で金魚を捕るようなものだ。


(出典:東京HP)

マスクには種類がある。

メモ

・家庭用マスク

・医療用マスク

・産業用マスク

PM2.5に効果があるマスクは、医療用マスクと産業用マスク。家庭用の場合はどうしても繊維幅が大きいため、PM2.5がすり抜けてしまう。

売れ筋!N95マスクとDS2マスクでPM2.5から守る

PM2.5対策に有効なマスクの規格は、「N95マスク」と「DS2マスク」だ。N95マスクは、0.3μmの粒子を95%以上防ぐことが可能になる。

DS2マスクも日本の規格になるのだが、N95マスクと同等の性能を誇る。N95マスク以上に高性能なものがある。しかし、一般的で手に入れるのは金銭面からしても難しい。高価すぎる。

そのためN95マスクが総合的に判断してベストな選択ではないだろうか。

メモ

N95
0.1~0.3μmの微粒子を95%以上除去

N99
0.1~0.3μmの微粒子を99%以上除去

N100
0.1~0.3μmの微粒子を99.97%以上除去

デメリットのあるPM2.5対策マスク

PM2.5などの微粒子を防ぐ高性能なマスクで健康を維持したいところだが、難点もある。

それは普通のマスクと比べて呼吸するのが大変だと言うこと。余計な空気を遮断しなければいけないため息苦しく感じる。そしてN95マスクは普通のマスクに比べて高価なので、毎日使うことを考えると費用が積み重なる。

N95マスクの息苦しさが改善されている医療用マスクもあるので探して見るとよいかも知れない。

オススメPM2.5対策マスク

・3M 1870 医療用 N95

PM2.5以外にも、インフルエンザウイルスにも効果がある。

(個別包装20枚入り)3M 1870 医療用 N95微粒子用マスク

(個別包装20枚入り)3M 1870 医療用 N95微粒子用マスク

3,480円(12/12 10:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

・3M社製 N95マスク 9010N95(1箱50枚入)

3M社製 N95マスク 9010N95(1箱50枚入)

3M社製 N95マスク 9010N95(1箱50枚入)

5,690円(12/12 10:30時点)
Amazonの情報を掲載しています

息を吸うときに全く漏れがないマスクだ。PM2.5をガードしてくれる頼もしいマスクになるのだが、若干息苦しさがある。

口の前に空間がある作りになるため、会話は楽にすることが出来る。鼻のところにはノーズクリップが付いているためメガネをかけていても曇らないのは嬉しいところ。

マスクと顔の間に隙間があるとそこからPM2.5が侵入する。マスクを単に付けているだけでは意味がない。正しくつけることが重要だ。

ワイヤーが入っているマスクの場合は、自分の骨格に合わせて調整できるのでしっかりと防ぐことができる。

まとめ PM2.5の恐怖

「DS2」・「N95」の規格に合格したものをしっかりと見極めることが大切。「PM2.5にも対応」と記載しているだけのものは用心深く注意しておく。

マスクを効果的に使うには、顔のサイズに合ったマスクを選ぶことが重要だ。PM2.5対策に効果的なマスクは、日本の厚生労働省が押しているDS2か米国のNIOSHが押しているN95の規格に合格したものを選ぶとよい。

スポンサード リンク
スポンサード リンク
健康維持の方法
枕火をフォローする
気になるキーワードを検索
スポンサード リンク
メモのがたり