エンタメ茶の間 Top  ダイエット&健康 Top  トリビア Top アクアリウム Top

停滞期の期間はいつまで?ダイエット成功につながる!

シェアする

Plateau-homeostasis

一度は耳にしたことがある「停滞期」。ダイエットを行う上で“やっかい”と聞くこの停滞期は、実はチャンスなのです!いったいどういうことなのでしょうか?

スポンサード リンク

そもそも停滞期とは

MP1ダイエットで順調に痩せていたのに急に体重が減らなくなった声をたくさん聴くパラ!やる気がなくなっちゃうと思うけどなんで体重が止まるパラ?

MPHRK6停滞期のことね。停滞期は、ダイエットをしているにも関わらず、体重が減らずに停滞している時期を指すわ。ダイエットをスタートすると嬉しいほど体重が落ちていくんだけど、ある日を境にまったく落ちなくなるの。

すると体重が変わらないがためにそこでダイエットを諦めてしまう人が続出して失敗に終わってしまうのよ。

停滞期の期間

MP10痩せたいのに痩せられない辛い期間が停滞期パラ・・・。どのくらい続くパラ?

MPHRK5停滞期はダイエットを開始してから、1か月前後、または体重が5%以上減ることで発生しやすくなるんだけど、停滞期間は早くて2週間、長い人だと2か月程度かかる人もいるの。平均1か月程度とみておくといいかもしれないわね。

▼発生時期・・・1ヶ月後、体重5%減量時
停滞間・・・2週間~2ヶ月、平均1ヶ月程度

停滞期間はラッキーだった!

MPHRK4人間の身体には防衛機能と適応能力があるけど、これは主に外的要因から自分の生命を維持するために働く自己防御反応のようなもの。危機管理能力のことを「ホメオスタシス機能」と言って、生存本能を意味しているわ。

ダイエットを行うことで体重が落ちると身体は“異変”を察知!命を守るために食べたものを身体に吸収しやすくして蓄えようとするために体重が維持されるの。これが停滞期の始まりってわけ。

脂肪を減らそうと頭では考えて行動するけど、身体はそれに反して脂肪を蓄えようとしているから体重がストップしてしまうのよ。つまり停滞期が来た時こそラッキー!ダイエットがこの時点まで順調に進んでいることを証明しているわ。

MP9停滞期は生命維持のために働く重要な機能になるから急激に体重を落とすダイエットの場合は回避できないパラ。身体が異常ではなく正常な状態と判断して、再び体重が落ち始めるまでダイエットを諦めず継続することがダイエットの成功につながるパラ。